トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

フィウミチーノ空港

ローマの空港は免税店が充実している。

フレスコバルディのワイン屋件ワインバーがあって、LUCEもグラスで飲める。1杯15ユーロ。これが一番高いワインで、サラミや生ハムなどのつまみもある。

aeroportovino

前も飲んで、あんまり好みじゃないな~と思ったのだけど、たまにしか飲めないお高いワインだから、いただいておく。

aeroportovino2

ちょっとした瓶詰めやチーズなども売っている。
ここで買ったバルサミコのジャムは甘酸っぱくて、チーズと合わせると絶妙だった。

サンダニエレ

生ハムはパルマよりもサンダニエレが好き。
あの独特の香りがいい。

丸ごとを切ってもらうほうが切られてパックされているのよりもマイルドだけど、今回のは、ちょっと端側だったので、いつもより塩がきつかった。

sandaniere

ローマで必ず立ち寄る食材店はCola di Rienzo通りにあるFRANCHIという店。
イタリア各地のチーズがあるし、生ハムのレベルも高い。真空パックも快くしてくれる。
スーパーに比べると値段は高いけど、質の良いものがそろっている。
ここの惣菜もなかなかいけるので、軽く何かつまみたいときにも利用。

ローマ : 遺跡

Torre Argentina。 
街中にローマ時代の遺跡がごろごろしていて、ありがたみに欠ける。

romascavi

道端の無意味なオブジェぐらいのひっそり感。

2005年8月28日 (日)

ローマ : 夕食

夕食はカンポ・ディ・フィオーリ広場に面したLA CARBONARAで。
観光客向けで、大して美味しくないかと思っていたけど、信用できる友達カップルのオススメは、やはり間違いなかった。場所がわかりやすいからって、偏見を持ってはいけないんでした。もちろん観光客満載だけど、地元っぽい人もたくさんいた。
現地で食べるイタリア料理には、繊細さより荒々しいものを求めるのだけれど、まさに期待通り。
広場にテーブルと椅子を出していて、外で食べられるのだが、落ち着かないので、2階席にしてもらった。ほぼ満席。

romacarbonara

まずはアーティチョークを丸ごと揚げたもの。
友達が以前に食べたときは、つぶされていなくて、もっと丸ごと感があったとか。
周りがコゲているわりに、パリパリが物足りなかったかも。その場で揚げたのではなく、前に揚げてあったのかもしれない。

romacarbonaraanti

セコンドにローマ風トリッパを頼む。どの辺がローマ風なのかはナゾ。トマト煮込みだから口飽きないけど、実はこってりとモツの味。旨いっ。

romacarbonarase3

友達はポルケッタ(豚の丸焼き)。もちろん、一部を切って出してくれる。
脂がじゅるじゅるとしたたる絶妙の焼き加減。

romacarbonarase2

豪快な盛りこそ、イタリア料理の醍醐味でしょう。

romacarbonarase

幸せな晩餐でした。

でも、さすがにお腹がくちいので、果物をいただきました。

romacarbonaracoco

オネエしゃべりの給仕がスイカをすすめるので、またスイカ。

romacarbonaravino

ワインはアリアニコ。ほとんどのワインがボトルで20ユーロ以下だった。
安い。

窓からは広場が一望できる。まるでマラケシュのフナ広場のような光景。

romacampofiori

romacampofiori2

ローマ : ナヴォナ広場

romanavona

また顔だ。

romanavona2

気持ち悪くないのだろうか?

2005年8月21日 (日)

ローマ : グラニータ

Cola di Rienzo通り近くのMarcantonio Colonna通りにあるジェラテリアGelarmonyでは、シチリア風グラニータが食べられる。

romagelato

左はいちぢくとイチゴ。右はアーモンドとFrutti di Bosco。
暑いときはジェラートより、水分の多いグラニータが最高。

あと、この店では豆乳のジェラートも食べられる。

romagelateria

ローマではここ、フィレンツェではcarabeが旨い。

ローマ : ホテル

ローマのホテルのみ、自分で選んで予約した。予算が決められているので、ExedraAlephは断念し、ピラミデ近く、テスタッチョの新しくできたオシャレホテル、Abitartにした。

romaalbergo

部屋はダブルのシングルユースで、そんなに広くはなく、バスタブもなかった。
まあ、140ユーロなことを考えたら、快適で、朝食も美味しくて充実していた。

一番の難点は、やはり場所が不便なこと。地下鉄の駅や普通電車のオスティエンセ駅が近いとは行っても、歩いて10分近くかかる。疲れてくると、それさえ歩くのは辛いし、スペイン広場などに買い物に出るには、地下鉄を乗り換えなくてはならなかった。
テスタッチョはレストランやクラブなどが多く、盛り上がっている地域なので、それを目当てにすればよいのだろうけど、一泊では疲れて夜遊びどころじゃないし。

romaalbergo2

アメニティーのボディークリームがブロンズパウダー入りってのが、イタリアらしい。

ローマ : 昼食

ローマでは1日自由な時間を取れたので、ナポリから来てくれた友達とセール大会。
買い物に夢中になって、気がつけば2:30近い。食事が遅めな南イタリアでも、さすがに食いっぱぐれる危険があるため、コンドッティ通りのショップ店員に近くでどこか美味しいレストランを聞く。

教えてくれたのは、La Fontanella Borghese。
リストランテでも、気軽で家庭的な料理とのこと。

前菜にはFiori di zuccaのフリット。ローマのは中にモッツァレラとアンチョビが入っている。
でも、ここのはアメリカンドック風の分厚い衣がついていて、残念。普通の天ぷらっぽい揚げ方の方が好み。

romapranzoanti

プリモに、私は手打ちパッパルデッレのスカンピ&キオディーニ(キノコ)ソース。トマトが入っていて、キオディーニの香りがしっかりする。濃厚なのがよい。

romapranzopri

友達は手打ちビゴリのムール貝ソース。こちらもトマト入りなのにこってりで旨い。

romapranzoprima

デザートにスイカ。

便利な場所なのに、ガッツリしたイタリアらしい料理で、しかも、ここの自家製パンが美味しい。オリーブオイルやハーブの味がついていて、それとワインだけでも満足できそうだった。

2005年8月16日 (火)

セール

ユーロが高くても、セールになれば日本より安い。
グッチのサンダルが130ユーロだったり。

saldi

フィレンツェ : ゴミだらけの道

店が閉まると道はゴミだらけ。

firenzespazzature

firenzespazzature2

その道で食事をする人々・・・。

フィレンツェ : 夜の散歩

夕飯前や後にお散歩するのが習慣とか。

firenzepasseggiata

firenzepasseggiata2

道端で違法商売している人は、警察の巡回を気にしている。

フィレンツェ : 夜景

firenzenotte

firenzenotte2

firenzenotte3

フィレンツェ : アルノ川

アルノ川。

firenzearno

フィレンツェ : 水

変なボトルの水。

firenzeguscioacq

フィレンツェ : il guscio

夕飯に地元の料理が食べたいと、現地の仕事相手に教えてもらったレストランは3つ。よりオススメな順に

1: LA GIOSTRA
2: IL GUSCIO
3: IL CAVOLO NERO

当日で予約をしておらず、LA GIOSTRAは満席なため、IL GUSCIOへ。

firenzeguscio

firenzegusciod

リコッタのラビオリにナスのソースをかけたもの。

firenzegusciopri

トスカーナらしい煮込みぶりで、塩辛すぎず、滋味あふれる旨さ。

セコンドは仔牛肉をコロンナータ産ラルド(豚の脂身でコロンナータのは有名)で巻いたもの。玉葱のピュレとポテトのピュレを添えて。

firenzegusciose

デザートは桃のクリームをのせた桃のタルト。

firenzegusciode

満足。

フィレンツェ : 顔

道の曲がり角にある変な顔の噴水。

firenzefaccia

フィレンツェ : 最終日

フィレンツェから車で30分ほどの小さな町に仕事先があるので、そこで昼食。
魚料理が美味しいというレストラン。

プリモはトマトと魚介のフジッリ、セコンドは鯛のトマトソースにポテトを添えたもの。

firenzepranzo

フィレンツェ : pizzeria

フィレンツェでなぜかナポリ風pizzeriaに連れて行かれる。フィレンツェで一番美味しいと。
どこかの門の近く。場所と名前は忘れた。

まずはナスのオイル酢漬け。

firenzemeranzane

pizzaは分厚い生地と薄いのを選べるので、分厚いほうでマルゲリータ。

firenzepizza

firenzepizza2

フィレンツェであることを考えるとかなり美味しいと思うけど、やはり、ナポリ風pizzaをフィレンツェで食べる必要はない。

2005年8月15日 (月)

フィレンツェ : 暑い日の昼食

フィレンツェ中心地から車で30分ぐらいのところにある、でっかい公園で昼食。

firenzeinsalata

芝生の上にテーブルと椅子を出した簡易食堂で、麦のサラダ(左)と米のサラダ(右)を食べる。

プールや湖があるから、周りでは子供たちがはしゃいでいる。イタリアの子供は肥満細胞を増殖させまくりだ。

2005年8月13日 (土)

フィレンツェ : 13日 夕食 @ トラットリア・チブレオ

夕食はCIBREOのトラットリアへ。

firenzecibreo1

Passato ai funghi porcini(ポルチーニ風味のポタージュ)とイカのトマト煮。
脂っこくて塩辛い。真夏、胃が弱っているときに食べると寿命が縮まる。

firenzecibreo

今まで、フィレンツェの食事(トスカーナは全般的に塩辛い)で辛い思いをしたことがなかったけど、ここでは完食できないほどだった。
イカはあまりに煮込みすぎ。

デザートにパンナコッタを頼んだら、プリンだった・・・。

食後酒も置いていない。

フィレンツェ : 13日 昼食 @ PERSEUS

着いてすぐ、1人で昼食。

PERSEUSはPiazza Liberta近くにあるレストランで、地元の人が「肉料理を食べるのにフィレンツェ市内で最高のレストランの一つ」という店。
昼なら予約なしでも大丈夫。

firenzeperseus

ビステッカは一人ではきついので、タリアータを。
さすが、歯ごたえはしっかりで味が濃い。旨い。

firenzetagliata

フィレンツェ

firenzeduomo

フィレンツェのduomoは何度見ても感動する。

firenzeduomo2

2005年8月12日 (金)

ヴィチェンツァ : 夕食

夕食の時、レストランの一角で食べ物関係の会合が開かれていた。
人気があるようで、予約しないと入れない感じ。

vicenzacenaanti

夜は照明が暗いから、写真を写すにはつらい。

アペリティフにかぼちゃのスープをいただいた後、アンティパストはシチリアから直送の生のエビ。生でも赤く、車えびみたいな大きさなのに、甘エビみたいな味。中央のつぶつぶしたのはクスクス。

プリモにはアサリとFiori di zucca(ズッキーニの花)のサフラン風味オイルソースであえた自家製ガルガッリ(小さいリガトーニ)。

セコンドは黒トリュフをまぶしたホロホロ鳥、アマローネ(ワイン)ソースがけ。
けっこうワイルドな香り(臭くはない、よい意味で)がする肉だったから、ホロホロ鳥じゃないかも。聞き間違えた可能性はある。

vicenzafa

普段食べているのよりも肉の味が濃かった。素材が違うだけか?
肉類はやはり、ヨーロッパが美味しいからな。

vicenzacenadolce

デザートはアーモンドのジェラートにシナモンとチョコソースをかけたもの。
ジェラートはシチリアから濃ゆ~いアーモンドペーストを取り寄せて作り、甘くなくスパイシーなチョコソースはジェノヴァの有名(名前聞いたけど忘れた)なチョコ問屋から取り寄せて作ったとか。

ワインの後、食後に地元のドルチェットをもらい、最後にグラッパ。

気がつけば、ほぼ最後の客になっていて、街頭のほとんどない田舎道は暗い。

ヴィチェンツァ : 昼食

ヴィチェンツァでは、昼も夜も同じ店に連れて行ってもらった。旨い素材をイタリア全国から取り寄せている。
La Locanda di Piero
今回の出張中で一番美味しいものを食べたんじゃないだろうか。

vicenzaprimo

vicenzaprimo2

プリモはアーモンドとスモークされたチーズを詰めたラビオリ。
ここの料理はきれいに盛り付けされているけど、味やボリュームはしっかりイタリア。
繊細すぎないのがよい。

vicenzasecond

セコンドは仔牛のカルパッチョにマッシュポテトを添えたもの。

vicenzasecond2

デザートはフルーツ盛り合わせ。

vicenzafrutta

ワインの品揃えも豊富。グラスワインで色々いただいた。

イタリア : 電車の中で朝食

ミラノ中央駅でパニーノを買い、ヴィチェンツァまでの電車の中で食べる。
生ハムをはさんだだけでも、生ハムが美味しいから十分。

panino

2005年8月11日 (木)

イタリア : コモ 2

cotoletta

11日の夕飯は街中のRistorante Sociale(安いホテルもやっている気楽な店)でご馳走になった。
道にテーブルを出していて、外の席からうまっていく。
食べたものは野菜たっぷりのミネストローネとコトレッタにトマトとルッコラを盛ったもの。コトレッタはやはりでかくて、イタリアに来たことを実感。
デザートはマチェドニア。

cotoletta3

comores

イタリア : コモ

2005年7月10日から18日までイタリア出張だった。
コモに着いて、夜の9時近いのにあまりに明るいから、湖とduomoの写真を取ってみる。

como

comoduomo

トップページ | 2005年9月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ