« J. Claude Rateau 3本目 | トップページ | 石頭楼 »

2005年11月28日 (月)

ブラッスリー・オザミ

ブラッスリー・オザミはメニューに季節感があって、何度行っても飽きないし、確実に満腹になるボリュームが好みなので、頻繁に利用する。

foagra

この日は4,500円のコースで、前菜は冷製フォアグラの赤ワイン煮とインゲンのサラダ。甘くてこってりしたフォアグラとみずみずしいインゲンが合う。赤たまねぎも口をさっぱりさせるのに有効。

miho

友達はクロタンチーズのオーブン焼き。失敗しようのない一皿。

main

メインに丹波産イノシシの煮込みさつまいものピューレ添え。イノシシはクセがなく、柔らかくて食べやすい。煮込みでもしっとりとしているし、これはこれで美味しいけど、もう少し臭いがあるのを期待していた。
さつまいものピューレと一緒に食べると濃さが増してちょうどよい。

奥で友達が食べているのは、この店でボリュームや重さが最も強烈なものの一つだと思われる

arigo2

豚の骨付きローストのアリゴ添え。胃袋を直撃する脂感だけど、強めに塩がふられてカリっと焼かれた外側とジューシーな肉が旨い。チーズとポテトを混ぜ合わせたアリゴとの組み合わせで、脂身まで完食するひとはマレとか。

choc

デザートは温かいチョコレートタルトにアイスと柑橘系のソース。

marron

友達は栗のミルフィーユ。
デザートはまあまあ。

他に、ブイヤベースもぶりぶりオマール入りで外せない一品。
ここのオマールものは、味だけでなくてあの歯ごたえを楽しめるよう、ゴロっと使われている。

« J. Claude Rateau 3本目 | トップページ | 石頭楼 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ