« KLMの機内食 | トップページ | レ・サリーネ »

2005年11月 6日 (日)

プアンタイ

新大久保にある現地度の高いタイ料理屋、プアンタイ。

tai

もともとは真っ青なカウンターだけの店。
でも今は裏にコインランドリーの居抜きっぽい座席スペース(3畳ぐらい)がある。そことカウンター&調理場のメインスペースとのコミュニケーション手段はドアホン。

tai2

料理は旨い。
特に、右のタイ風手作り腸詰は欠かせない。粗挽きで肉々しい。
タイで食べるように、ショウガなどをかじりながらいただく。

ここの1皿は多いので、2人で行くと、あまり皿数をこなせない。
珍しいメニューがたくさんあるので、他で食べられるようなのは頼まないようにしている。

tai3

このドギツさが異国っぽい。

1人客もいた。ここに1人で夕食に来る男性って、興味深い。

« KLMの機内食 | トップページ | レ・サリーネ »

東京:タイ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ