« 朝食 | トップページ | まあまあ »

2005年12月 5日 (月)

レスプリ・ミタニ L'esprit MITANI

恵比寿のレスプリ・ミタニで夕食。

メニューがなく、口頭でその日のメイン2つを説明され、骨付き仔羊のグリルかイノシシの煮込みかを選択する。羊が2人前からなため、別々のものを取ることができない。

前菜もすでに決められているものをいただくシステム。

mitani1

グラスのシャンパン(銘柄見るのを忘れた)とアミューズのウサギのゼリー寄せをいただきながらよく考える。

mitani2

ウサギがミンチでなく、ゴロリと塊で使われているのがうれしい。

結局、メインは羊にした。
それにしても、羊かイノシシかというのは、かなり狭い選択肢。同じ「臭いモノ」という箱に入っているので、片方がダメならもう片方もだめであろうと思われる。その場合は、別のもので対応してくれるのか?

mitani3

自家製スモーク・サーモンのサラダ。
塩気が微量でサーモンのしっとりした感触を味わうもの。

mitani4

セップのスープは「寒い季節の料理っていいね」という気分になる1皿。濃厚なセップの中にほんのりとシナモンの香りもするポタージュだった。これはまた食べたい。

mitani5

メインの羊。もちもちで焼き加減も完璧だけど、ちょっと脂がきつく感じた。

mitani5-2

つけあわせは野菜のソテー。もう少し工夫があるか、定番のポテトピューレの方がよかったかもしれない。

mitani6

ケーキなどはなく、フルーツかチーズの盛り合わせ。チーズにする。
チーズも大好きで食べたかったけど、フランス料理後はやっぱり、がつっと甘いものが食べたい。

mitani_wine

ワインはラングドックで6,000円。

食後にハーブティーをいただいて、1人14,000円はちょっと微妙。
オーバカナル出身というのが納得できる大好きなタイプの料理ばかりなのだけど、値段を考えると創造性に欠ける気がする。ビストロ的な料理なので、ワインも飲んで10,000円なら通うと思う。やはり、きれいで旨いデザートがないというのも痛い。
あと、給仕の人に愛嬌がないため、雰囲気が硬いのも残念だった。

« 朝食 | トップページ | まあまあ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ