« 表参道で昼ごはんなら | トップページ | カーサヴィニタリア »

2005年12月16日 (金)

オハラス

五反田と大崎の間辺りにあるオハラス・レストランは元々札幌にあった店。札幌の友達がベタ褒めで、行ってみたら本当によかった。なかなか足が向かない場所なのが痛い。
ちゃんとしたレストランで、カトラリーはクリストフルだし、胡椒挽きはプジョー。
正統派フレンチを完璧に美味しくいただける。

この日はプリフィクスの旬のコース。本当はシェフのおすすめコースの方がよりこの店の真髄を味わえるけど。

amuse

アミューズは自家製アンチョビをはさんだパイ。
まだ生っぽさもあるアンチョビは塩辛すぎず、バターの効いたパイとよく合う。

kaki

釧路・昆布森の牡蠣のポワレ アンチョビ風味のクレソンのソース。
ソースは青臭さがなく、まろやか。

kaki2

小粒で柔らかい牡蠣は表面がカリっと焼かれている。

sirako

友達が頼んだ真鱈の白子焼き きのこのリゾット添えは冬の美味。

soup2

はまぐりのチャウダー。

soup3

soup

スープ・ド・ポワゾンも洗練されていた。

sika

メインはエゾ鹿のステーキ。冬のベリーのソースと香ばしく焼かれてしっかりした肉質の鹿が旨い。

sika2

鹿肉はにおいも強くないし、脂も軽いので食べやすい。
札幌のコネが活きていて、北海道の素材が多い。ガスなしミネラルウォーターも北海道の水だった。

pere

デザートはりんごのパリッパリなタルトにバニラアイスをのせたもの。タルトは軽いので、スルスルとお腹に収まる。

choc

中がとろける温かいチョコレートケーキにはココナッツのアイスが添えられている。

choc2

petit

プティフールも全部美味しく、完食。
ご一緒した人は普段はデザートまでたどり着けなかったりするのに、ここでは最後までがっつりと。旨いものは人の胃袋を広げるのか。

petit2

プティフールのマカロンって、乾燥していたり、作り置きな味がしたりすることが多いけど、ここのはちゃんと味わえる。

wine

ワインはカルトの中で一番安い5,880円のローヌ。鹿ともよく合いました。

サービスも抜かりなく、プロと認められるもので心地よい。
オシャレ店好きの人にはすすめないけど、間違いなく美味しいものを食べたいときには、必ず思い出す店の一つ。
若い娘さん率が少なく、男性だけのグループも多い。同業者か男性一人客もよく見かける。

« 表参道で昼ごはんなら | トップページ | カーサヴィニタリア »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ