« クリスマスイブの夕食 | トップページ | 鮨 水谷 »

2006年1月15日 (日)

ブーレー

25日の夕食はBouleyで。

bou

クリスマス特別コース2種類のみで、115ドルと135ドル。

どちらも各皿2、3種類ずつしか選択肢がなく、これといったそそられるメニューがなかったので115ドルの方にした。

とっても混んでいて、18:30に予約していったが、食べているうちに他の席の客が入れ替わったりしていた。

bou2

まずはシェフ流カナッペ。
ラズベリーゼリーやチーズクリームなどが層になっている。甘いやらしょっぱいやらの不思議な味。

bou3

ロブスターのテリーヌ、マンゴーソース。マンゴーである必然性が疑問。

魚料理はJapanese Yellowtailのソテー、シメジ添え。
とろりとした白身の魚の焼き加減は秀逸。
貴重品として日本の食材を使うレストランは多いのだけど、日本人からしてみたら珍しくもないし、新たな食べ方に衝撃を受けるといったこともなかった。

肉料理は仔羊のグリル、ニョッキ添え。
羊はさすがにもちもちで、臭いはないが香りはある。
付け合せのポテトピューレは別皿で。これが肉料理よりも感動の逸品だった。バターが美味しいので、すばらしい風味。

口直しはアイスとシャンパンスープのカプチーノ仕立て。

bou5

チョコレートスフレの中身は半生、メープル、チョコ、バニラのアイス添え。

bou6

一緒に行った中にお誕生日の人がいたので、おまけのクレームブリュレ。

プチフールがない代わりに、グラスに入った抹茶(?)のブリュレが出た。

料理はどれも素材がよく、さすがという美味しさだったのだけど、「もう一度食べたい!」というものは見つけられなかった。
独自のアレンジが少なくて驚きがあまりないし、伝統的な料理の完成度も目を見張るほどではなかった。
なにより、忙しすぎたのかサービスがイマイチで、パンがなくなっても補充してくれなかったり、呼んでもなかなかこなかったり。
普通のときのお昼にでも再訪して、通常がどんなもんなのかを試してみたい。

bou7

お土産は女性にはレモンケーキ、男性にはくるみパン。

bou9

« クリスマスイブの夕食 | トップページ | 鮨 水谷 »

NY」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ