« ラデュレ in プランタン | トップページ | 熊本 青柳 »

2006年2月17日 (金)

Chez Nenesse

マレの上の方にあるシェ・ネネスはたまたま通りかかって入った店。

P1020010

2時半過ぎだったので、ほぼ終わりかけていただけど、地元の人ばかりたくさんの客がいた。オシャレ店が多いマレとは思えないほどの現地感で、近所の人が日々の食事に利用しているような食堂。

P1020012

メイン料理はインゲン豆が付け合せのステーキか、ふかしイモを添えた牛タンのトマト煮だけだという。
で、それぞれ別のものを選択。

P1020015

友達が頼んだステーキはすごいボリュームで、いかにも豪快な盛り方。
インゲン豆はヨーロッパ的にぐっちゃり火を通されている。

両方とも家庭的で、なごめる味。
牛タンは手ごたえなくナイフが通るほど柔らかかった。

P1020017

デザートにはチョコムースをオーダー。
チョコの味は濃いのに、なぜか軽い。胃にもたれずいける。

カラフのワインを頼んだら、いくつか産地を言われて選択できたのも高得点。
食後にコーヒーをいただいても1人20ユーロはしない。

夜に来てみたいものだ。

« ラデュレ in プランタン | トップページ | 熊本 青柳 »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ