« プラザアテネのダイニング | トップページ | Allard »

2006年2月14日 (火)

ラ・ピッチョリー・ド・ルル

恵比寿にあるフレンチ居酒屋とも言うべきレストラン。
豪快な料理を好きに頼めて、みんなで分けて食べられるのが楽しい。

この日は3人で、まずは野菜の盛り合わせ(煮込んだり、ニンニク炒めにしてあったり)と青唐辛子のオムレツ、ぐるりと巻かれたところから、プチプチとはさみで切ってくれるチョリソーをいただく。
料理はどれも、しっかりした味付けて旨い。赤ワインが充実しているのも納得。グラスで飲めるものも、白より赤の方がお得で種類も多いのだ。

pic1

アンドゥイエット。

pic2

豚の内臓のソーセージで、ここのはちゃんと処理がしてあるらしく、臭みが強すぎない。

pic3

ブーダンノワールは正統派。マッシュポテトを添えるところも王道。

フライドポテトのみを大盛りでもらったり、融通が利く。

pic4

カスレ。

pic5

裏側から見ると、こんなです。
とにかく脂度がすごく、ボリューム満点で、それまでは余裕だった胃袋がとたんに蓋をされた。
一緒に煮込まれた白インゲン豆と肉のダシが染み出たスープもうまうま。

pic6

それでもデザートを1人1皿。

pic7

いちごミルクにイチゴアイス。

pic8

キャラメルアイス。

pic9

クレームブリュレ。

やっぱり次の日に胃がもたれてました。
でも、他にも食べてみたいメニューがたくさんあったので、また行くでしょう。
好きに頼んでも1万円いかないってのもいいし。

« プラザアテネのダイニング | トップページ | Allard »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ