« モナリザ | トップページ | またまた カフィア・ライム »

2006年4月14日 (金)

すえとみ再訪

またまた霞町すえとみへ。最近、エンゲル係数高すぎかも。

Sue1

まずはよもぎ湯葉の上にウニをのせたもの。
膜感のない湯葉はよもぎの香りと豆乳の甘さが広がる。

Sue2_2

鯛の白子はわさび葉と一緒に。

Sue3

桜の葉でもち米と蛤を包んで蒸したもの。家では思いつかない料理だし、プレゼンテーションも素敵。桜の葉や蛤の香りとほんのりした塩気が絶妙の組み合わせ。

Sue4

お吸い物。大根(?)が桜の花びら型に切られている。

Sue5

この白いもっちりとした魚はなんだったっけ?

Sue6

鯛とあずき??(なんだっけ?魚の名前って覚えられない)のお刺身。
このあずきなんとかはとても東京では珍しい魚だそう。脂がのっているのに切れがよく、歯ざわりもよい。
鯛ももちろん旨い。刺身は包丁の入れ方によって味や感触が変わるから、やはりちゃんとしたお店で食べるとおなじみの魚にも感動がある。

Sue7

筍。

Sue8

前回同様、脂ののりまくった鱒。手前は卵(?)に酢味噌がかかっている。

Sue9

アワビのてんぷらは肝ソースで。これも前回同様。

Sue10

ホタルイカのゼリー寄せ。ゼリーは酢がきいたもの。

Sue11

鯛と花山椒のご飯。相変わらず塩加減が好み。

Sue12

ご飯と一緒に初鰹のたたき。まだ脂がのりきっていないので、味付けのあるご飯と食べるのがちょうどよい。

Sue13

苔むした石のような風情の葉わさびのシャーペット。

Sue14

おなじみ蓮根もち。

Sue15

薄めた濁り酒のゼリーとマンゴー。
ほんのり甘くてまろみのあるゼリーが美味。

前回とあまり日をおかずに行ったので、重なるメニューが多かったけど、2度目にさらに美味しさを再確認できる料理なので、楽しさは変わらなかった。
確実に満足できる店があるというのは頼もしい。

« モナリザ | トップページ | またまた カフィア・ライム »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ