« またまた カフィア・ライム | トップページ | 南翔小籠 »

2006年4月20日 (木)

かんだ

元麻布のかんだは和食なのにワインとよく合う料理だった。

Kanda1

金時草のおひたし。赤いのは葉から出た色。

Kanda2

まぐろと山芋はからし醤油で。わさびで食べるのとは、違った味わい。

Kanda3

筍まんじゅうとしゃくしゃくとした歯ざわりの鳴門わかめ。徳島の青柳出身だけあって、徳島の素材がよく出てくる。

Kanda4

まんじゅうには筍がたくさんつまっている。

Kanda5

タイの中オチ(?)部分をあぶったもの。脂がのって、生臭くなく、ワインとも合う。

Kanda6

いさき(?)に甘辛タレをつけて焼いたもの。まこも茸とたらの芽の天ぷらと一緒に。

Kanda7

ご飯モノを食べたくなかったので、アレンジしていただき、再度椀物。
蓮根モチ。

Kanda8

モチとはいえ、蓮根のしゃりしゃりした食感を残しつつ、さらにゴマのぷちぷちで口飽きさせない。
すばらしい~。

Kanda9_1

くじらのさえずり(舌)と赤身のハリハリ風。

Kanda10

さえずりは珍しいそう。脂はあって、味は肉なのに軽い。

Kanda11

自家製イチゴミルクアイス。

満足です。

« またまた カフィア・ライム | トップページ | 南翔小籠 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ