« Mineira サンパウロ | トップページ | ブラジルのスナック »

2006年7月14日 (金)

Rodeio サンパウロ

サンパウロの高級ショッピング通り近くにある炭火焼の店Rodeioには、たまたま通りかかってよさそうだったので入った。

Rodeo0

かなり大きい店。
12:30頃に入ったときはすいていたが、1:30を過ぎると満席に。

Rodeo1

席に座ると、まるごとトマトや生玉葱、氷で冷やされたにんじんスティック、みじん切りトマトの入ったピリ辛ソース、玉葱をさらしたソース、パンが出される。

他に、「サラダは作りますか?」と聞かれるので、お願いすると、青菜やにんじん、トマトなどをドレッシングとあえてくれる。

飲み物にはカイピリーニャをオーダー。
ブラジルに来て驚いたのは、カイピリーニャを食後酒や、食べ物を取らないときに飲むカクテルとしてではなく、食事の場で飲むものとして扱っていたこと。

Rodeo01

パンかごの中にはホカホカのポンデケージョ(チーズパン)も入っていた。
これは好物の一つ。たまに塩が効いていなくてさみしいものがあるけど、もちっとして旨いのだ。

Rodeo2

ここは肉(絶対的に牛肉。でも鶏肉とダチョウの肉もあった)の種類、というか部位を選び、炭火で焼いてもらうという店。

ピカーニャという店員オススメの部位のハーフサイズをオーダー。
尻尾のすぐ上辺りで、他の部位よりも獣臭が強く、マトンにも似た香ばしさがある。
ブラジルの肉は繊維がしっかりとして硬く、しまっているが味は濃い。あごが痛くなるし、腹に溜まる。

Rodeo3

数人で大きい塊を頼むと、厨房で焼いたものを目の前で切り分け、店内各所にある煙突付きの炭火グリルで温めなおしてくれる。

やはり、ちゃんとした食事はほっとする。
食後にコーヒー(エスプレッソ)を頼んで、約102レアル。

« Mineira サンパウロ | トップページ | ブラジルのスナック »

2006年夏 ブラジル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ