« ホテルの朝食 リオ | トップページ | カイピリーニャ »

2006年7月26日 (水)

SIRI MOLE

リオのコパカバーナとイパネマの間にあるレストランSIRI MOLEは地球の歩き方に載っていて、バイーア地方の魚料理ムケカが食べられるという。
肉中心のビュッフェが続き、自分のためだけに作られた魚料理が無性に食べたくなり、ホテルから歩けるこの店に行ってみた。

ブラジルで入った店達と比べるとこじんまりした大きさ(東京では普通)のお家っぽい内装。

Siri1

前菜はミックスサラダ。上からオリーブオイルとバルサミコ酢、塩コショウをかけて味付け。

Siri2

白いのは「パウミータ」だという。
椰子の若芽らしい。ホワイトアスパラっぽい歯ごたえ。

Siri3

ぐつぐつ煮えながら鉄鍋でやってきたのが、タラと思われる白身魚のムケカ。

Siri5

ココナッツミルク、トマト、玉葱、サフラン、コリアンダーが入っている。
ココナッツの甘さとトマトの酸っぱさが混ざって久しぶりにちょっとひねりのある味。
コリアンダーがないと味がボケるんだろうね。

Siri4

ご飯とマンジョーカという黄色い粉にかけて食べる。
この粉は特に味があるわけではないけど、汁を吸うので、スープだけが皿に残ることなくフォークで食べられる。

Siri6

デザートはキンディンというバイーアのココナッツデザート。オレンジ色のココナッツ羊羹みたいなもので、下のほうはココナッツのシャリシャリ感がある。
直径5センチぐらいで小さいけど、かなり甘いので十分。タイであった黄身を使ったお菓子に似ている。

ここのエスプレッソも美味しかった。
ビール(セルベッサ)も飲んで100.65レアル。
ムケカはこの店で一番安い料理の一つだったけど、ブラジルで魚料理は肉料理よりかなり高い。

« ホテルの朝食 リオ | トップページ | カイピリーニャ »

2006年夏 ブラジル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ