« カタランバー バニュルス | トップページ | タイユヴァン »

2006年8月29日 (火)

再度 ランテルナ・マジカ

目黒のランテルナ・マジカ。
3人で土曜の6時に。

ここではまず、昨日だか一昨日だかに作られて空輸されたモッツァレラのカプレーゼ。
ちゃんとチーズの香りがする。

Ran1

ズッキーニの花のフリットとイカのフリット。

Ran2

ズッキーニの花にはモッツァレラとアンチョビが入って塩気がきいている。

Ran3

ゴルゴンゾーラチーズのリゾット。
ゴルゴンゾーラ度が軽め、というか、甘いほうのゴルゴンゾーラかも。

Ran4

ウニのリングイネと鰯のブガティーニ。

鰯のブガディーニはサフランでなくトマト味で、松の実が入っているが、レーズンは入っていない。

Ran5

ウニはアーリオ・オーリオにウニが溶かれたタイプ。
クリーム入りなんてありえないっす。

Ran6

豚の炭火焼。
脂が甘い。

Ran7

白身の魚のホイル焼。

Ran8

レモンと白ワインのソースは酸っぱまろやか。
汁と吸いまくったジャガイモも旨い。

デザートは持ち帰りで。

好きに食べて、グラスのワインを心行くままに飲んで、それでも1人1万円にはいかない。
ワインは味の好みを伝えると、新しいのをがんがん開けてくれた。
料理が出てくるのが遅いときがあるが、居心地のよさ的に都内最高の店の一つだと思う。

« カタランバー バニュルス | トップページ | タイユヴァン »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ