« ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション | トップページ | ミラノで宴会 »

2006年9月19日 (火)

ブノア

青山のブノア。
パリ店のシェフが料理するとのことで、昼に行ってみる。

7000円のコース。

Bun1

Bun2

つき出しはイタリアのどこかの地方の薄いパンと白チーズに刻んだハーブを混ぜ込んだものと豚肉のリエットを添えて。

Bun3

パンも数種類。

Bun4

前菜はスモークサーモンと黄色いジャガイモ。

Bun5

スモークサーモンはとろり。

Bun6

通常の魚料理は帆立貝。
レモンの皮を薄くそいだものがアクセントになっている。バルサミコソース。

Bun7

帆立貝が好きでないので他のものをとお願いして出てきたのが、すずきのソテー。
いろんな種類の貝と野菜を一緒に。
ホウレンソウのソース。

Bun8

メインは牛肉のホホ肉と脛肉のクリーム煮込み。

Bun9

バターの味が濃厚な煮込みは相当腹にたまる。

Bun10

パンペルデュのバニラアイスのせ。

Bun11

フレンチトーストみたいなもの。

Bun12

プチフール。

かなりボリュームがあるが、それはパリ風だからで、通常はもう少し軽いそう。
コストパフォーマンスは高くない。

« ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション | トップページ | ミラノで宴会 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ