« ブラッスリー・ド・クワン | トップページ | ラミ・デュ・ヴァン・エノ »

2006年10月31日 (火)

神戸屋

久しぶりに焼肉。一時は毎週のように食べていたものだが。

新宿御苑が最寄り駅の神戸屋へ。
スーパーの二階、チェーンの居酒屋のような看板と知らなければ決して食指の動かない構え。

Koube1

ザブトン。

Koube2

ミズジ。

ザブトンと共に脂がこってりとのっている。

Koube3

上ハラミ。

やはりハラミの程よい脂感が好みだ。
でも、ここの普通のハラミは明らかに質が落ちていた。あれなら食べなくてもよい。

Koube4

上ミノ。
美しい。
サクっとした歯ごたえ。

Koube5

上タン。

Koube6

他にゲタカルビなども食べた。どれもそれなりに旨いが感動するほどではない。
もともと、焼肉は塩で食べるので試してはみなかったが、ネギサラダやクッパなどの味付けから、タレもかなり甘いと予想される。しかも、果物などの自然な甘さではなく、かなりべったりと。
焼肉のタレにおいて、甘味好きと辛味好きに分かれると思うが、ここは明らかに甘味向きの店。キムチも甘め。
サイドメニューの盛りもよいし、コストパフォーマンスが高いのだけれど、もう行くことはないだろう。

« ブラッスリー・ド・クワン | トップページ | ラミ・デュ・ヴァン・エノ »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ