« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

クリスマス

クリスマスはいつもの友達の家に上がりこみ、ご馳走になった。

Cristmas1

鰯のオイル漬け、ヒヨコマメのカレー味煮込みなど、毎回新しい料理が加わっているのがさすがだ。

Cristmas2

メインはこんな卑猥な姿で登場。

Cristmas3

焼き色の鮮やかな鶏でございます。

Cristmas4

中にはニンニクやらご飯やらが詰められ、鶏の脂を吸ったご飯が、また美味。
次の日、骨と残った肉とを土鍋で軟骨までホロホロになるほど煮て、雑炊を作ってくれました。それが、焼いた肉に違わぬ旨さ。

Cristmas5

ケーキはヴィロンのブッシュドノエル。

Cristmas6

中はチョコレートムースの中にオレンジのクリームなど。

ムロ・ルカーノ

夕食後に軽くつまんで飲もうということで、色々とあたるも、当日のために目ぼしいところはどこも満席。結局、池尻大橋のMURO LUCANOへ。

Murolocano1

ワインはサルディーニャのカンノナウ。
果実味がしっかり。

Murolocano2

前菜の盛り合わせ。
量が多い。味はよく言えば家庭的。昔のイタリアンってこんなだったよね的。

Murolocano3

殻ごと食べられる海老のオイルソテー。
イタリアでは食べたことない皿。むしろスペインっぽい。

Murolocano4

オイルにパンを浸して食べるのは、お約束。

他にいくつか頼むも、パスタやメインは食べていないので何とも言えないが、全体的にパンチが弱く、本場っぽくはない。
家族でのお客さんが多く、子供をつれてきたり、我々のようにつまみだけ適当に頼んだりもできるという点では使い勝手がよい店だった。

Murolocano5

店名、というか、店名の元になった村名のついた薬種を食後酒に。
おどろおどろしい瓶だ。

Murolocano6

クセのある味だけど、酔っ払ったところで飲むと、適度に締めてくれる。

2006年12月30日 (土)

ラベルカワユス

ローヌのレ・シャン・リーブル。

Vino0612281

シラーとガメイ。
自然派を飲むようになって、ガメイ嫌いが克服されつつある。

Vino0612282

ワインの名前などは覚えられず、ラベルを画像的になんとなく記憶。

2006年12月29日 (金)

オーバカナル 赤坂

溜池のアークヒルズにあるオーバカナル
久しぶりに行ったら、選択肢の多いプリフィクスコースがなくなっていた。料理を選べない4000円のコース(前菜、魚、肉、デザート)とアラカルトだけになっていた。
悲しい。あのプリフィクスコースがないなら、もうここでなくてもいい…。

Ba0612271_2

アラカルトで温かい山羊チーズのサラダ。ナッツやレーズン入りのパンの上にチーズをのせて焼いたものと野菜。
おなじみの一皿で、間違えがない。チーズとパンをその場で焼いてくれていれば、それでよい。

Ba0612272

軽く焼いたタルタルステーキ、フライドポテト添え。

Ba0612273_1

ここのタルタルステーキはピクルスなどが効いて、好きな味付け。

デザートでいただいたタルト・タタン(サワークリーム添え)もりんご満載で満足だったし、どれも美味しいのだけど、まったくついでのない場所にわざわざ食べに行くというほどでもなくなってしまった。
あのコースは、内容が季節に合わせて変わり、本当に素晴らしかったで、ものすごく残念。

2006年12月22日 (金)

うらやましい アストランス

白トリュフをランブロワジーで満喫した友達は、アストランスでもお食事。
トロワグロ(パリ)よりもオススメだとのこと。トロワグロは重すぎたそう。

Astrans0

いくつかコースメニューがある中で、店の名前の付いたものをいただいたと。

Astrans1

チーズのムース。

Astrans2

ブリオッシュにトリュフとヴァージンオリーブオイル。

Astrans3

カボチャのムースにヨーグルトと胡椒入り。上にオリーブオイルとコーヒーでカップチーの仕立て。

アストランス製シャンパーニュは、ルイ・ロデレールらしい。

Astrans4

これが彼女が一番美味しかったという料理。
フォアグラときのこのミルフィーユ。周りを包んでいるのもきのこ。
上にトリュフ。栗油入りレモンのチャツネ添え。

Astrans5

ホタテのグリエ、柚子味噌ソース。菊の葉てんぷら、赤シソ、アーモンド。
海外で日本的な食材を使ったものには馴染めないことが多いが、やはり「別に柚子味噌や菊、赤シソでなくてもよいのでは?」な一皿だったそう。

Astrans6

鯛のグリエ、添えられたのはムール貝、エリンギ、たまねぎのアジアンソテー。マンゴパッションフルーツソース。

Astrans7

インゲン豆の煮物、赤ピーマンバジルソース、赤ピーマンのかけらとカリカリハム。

Astrans8

仔牛のソテー。チーズを焼いたものを一緒に、エシャロットのグリルソース。

Astrans9

ヨーグルトアイス、フワフワムースっぽい。

Astrans10

パッションフルーツのシャーベットは周りがメレンゲで出来ていて、食べられる。
ローストアーモンド付き。

Astrans11

キャラメルアイス。
ずいぶんと口直しが続きますね。

Astrans12

チョコムースがキャラメルの生地に乗っている。洋ナシのチャツネと共に。

Astrans13

卵のミルクシェーク、フルーツプレート。
他にプチフールとしてマドレーヌ。

Astrans14

ポーションが小ぶりで、皿数が多くてもお腹に納まるとのこと。

うらやましい 白トリュフ

Lamb1_1

友達が初冬にパリのランブロワジーで食べた一品。
スープ仕立てな温泉卵の上に白トリュフがこれでもかと…。

2006年12月21日 (木)

リストランテ シチリアーノ

銀座のリストランテ・シチリアーノは店名通り、流行(?)のシチリア料理店。
といっても、シェフはシチリアでも山の中のレストランで修行をしたそうで、魚介を使いつつもどこか内陸的な仕上がり。あっさり・さっぱりというよりは、重厚感がある料理だった。

店は雑居ビルの2階で、狭い。が、シェフ1人なら納得。
換気がイマイチで、タバコの煙が気になったのだけど、それを伝えると、給仕の人はちゃんとタバコを吸っていたお客さんに話をしてくれ、通気口の下で吸うように話をつけてくれた。
料理の説明やワインの薦め文句もしっかりしていて、心地よい。

コースは5000円と、トリュフをかける6000円の2種類。
アラカルトのメニューも前菜・プリモ・セコンドと4種類前後と多くない。

もちろん、トリュフのコースです。

Sici1

シチリアの黒葡萄を使ったブラン・ド・ノワールのスプマンテと一緒にいただいたのは、チコリ(?)の上にパッキーノ・トマトと赤茄子、マグロを混ぜたタルタルをのせたもの。色々なハーブを盛って。

Sici2

トロのような舌触りの金目鯛のカルパッチョの下にはパッキーノトマトと、薫り高い天然の舞茸。永田農法の糖度の高いトマトを添えて、ピスタッチオを振り掛ける。オレンジもアクセントとして使われ、甘しょっぱいオリエンタルな味。まさにシチリア。

いろんな味が渾然一体となって、盛り上げる。これを食べにまた来たいと思うほど。

Sici3

赤ワインの前に、グラスで白を1杯。
これはヴェネトのワインで、有機農法、酸化防止剤無添加(ヨーロッパ現地で売られているワインには入っていないと考えている人って案外多いみたいだけど、そんなことはない)。

Sici4

この左側が上の白ワイン。ロゼでは?って酸化防止剤を入れていないから、開けてからの時間ごとに色が変わる。でも、味は劣化しにくいそうな。
口当たりはサラっとして、水のよう。香りや味は、ちょっと青梅ジュースっぽい。
右側も自然派ワインで、微発泡。

自然派なワインが揃っていて、うれしい限り。

Sici5

タコを茹で(蒸し?)て、トマトやジャガイモのソースをからめたもの。

Sici6

前菜から始まって、全ての料理でオリーブオイルがいい仕事をしているのだけど、使っているオイルは全てコレだそう。
どの皿でも様々な要素をまとめて、コクを出している。金目鯛のカルパッチョが洋風刺身に終わらず、まったりとしたイタリア料理に仕上がっているのも、このおかげか。
シチリアで修行時代に使っていて、他のはどう使っていいかわからないとか。
オイルって、素材と同じくらいに味を作るから、銘柄にこだわるのはもっともだし、使い慣れたものでないとダメってのもよくわかる。

Sici7

パンはセモリナ粉のもの。
コースはボリュームがあるので、パンで満腹にならないよう、あえて真ん中辺りで出すそうだ。
確かに、この時点でパンを貪り食おうとは思いません。

Sici8

とうとうトリュフ登場。
蕪のピューレのスープにちぎったキタッラというパスタを浮かべたもの。
香りといい、食感といい、うっとり…。
こういうすり潰し系スープが山っぽい。

Sici9

赤ワインはボトルで。
これも自然派で、キャンティー。でも、酸味が控えめ。

Sici10

手打ちのフェットチーネはポルチーニソース、なのに上からトリュフ。
強い香り同士だけど、邪魔しあってない。スズキも入ってた。

Sici11

鹿のオッソブーコにもトリュフ。栗のピューレが下に敷いてあり、チャツネ的な洋ナシ(?)のコンポートも一緒にいただく。

Sici12

オッソブーコですから、骨髄もあり。

Sici13

最後は最近おなじみの量を自分で選べるトマトソースのスパゲッティ。
これは60グラム。
トマトソースと侮ると、後で胃が悲鳴をあげます。こってりとオリーブオイルが入り、クリームソースぐらいのパンチがある。スパゲッティ自体もザラっとした歯ごたえで旨い。

いや~久しぶりに本気でお腹がくるしいと思った。ほとんどの料理で友達の分を半分近くいただいていたというのもあるけど、どれも見た目以上に濃いです。

Sici14

友達はプリン。
黄身っ!ってゆうプリン。

Sici15

チョコレートのセミフレッドには唐辛子を振りかけて。

ドルチェはコースに含まれていないので、食後のコーヒー・紅茶も入れて、1人13000円くらい。コストパフォーマンスが高いわけではない。

2時ぐらいまで開いているとか。
今年東京で食べたイタリア料理の中で、1、2を争う好みの店。

2006年12月18日 (月)

牡蠣とワイン

Vino1217

左の白はけっこう甘め。

Kaki1

大量に届いたので、食べ方を工夫しなければならず、雑誌を参考に作ったとか。
片栗粉をまぶして湯通しした牡蠣を中華ソースで。

サーモン

もぐもぐ友達がミレーからスモークサーモンを取り寄せたというので、お相伴にあずかりに行く。
なんでも、手作業で作られた無添加のスモークサーモンで、これを最後に作り手の方が引退されてしまうとか。

Sarmone1

Sarmone2

本当に軽いスモークで、サーモン自体がトロトロと旨い。
エシャロット入りの白いチーズと一緒にバケットにのせて食べるのもまた美味。

Sarmone3

里芋を豆乳と一緒に潰し混ぜたホワイトソースでグラタンにもしてくれた。
鶏手羽スープにブルーチーズを入れて、崩しながら食べるものとか。
いつもごちそうさまでございます。

2006年12月12日 (火)

自然派ワインたち

最近は、流行の自然派ワインを飲むことが多い。
カテゴリー分けが見やすくて、利用したのはココ
ワインのネット販売で、すでに在庫がなく、いつ追加されるかもわからないものをいつまでも載せているのはうっとうしい。

Wine12101

右のブルゴーニュがよかった。

Wine12102

2006年12月11日 (月)

イル・ルポーネ

中目黒のイタリア料理屋、IL LUPONEで昼食。
アラカルトで。

Lupone1

前菜は詰め物をしたイカ。

Lupone2

小ぶりのイカはやわらかい。

Lupone3

ヒシコイワシとウイキョウのスパゲッティ。

Lupone4

ウイキョウは葉の部分を使い、鰯の臭みを抜く。

Lupone5

白海老とウニ、シチリアーナペーストのカサレッチェ。

Lupone6

エビがプリプリ。
ジュルっとしたウニソースがたっぷりかかったカサレッチェはもちもち。

Lupone7

しっとりしたカプリ風チョコレートケーキ。

Lupone8

カカオとカフェのプリン。
砕いたビスコッティで歯ごたえを加えるところがいい。

パスタのソースはちゃんと油が馴染んでいたし、塩加減が程よく、じんわりとした旨味が感じられた。
夜にも行って、メインも食べてみたい。

2006年12月 7日 (木)

チベッタ

青学の近く、246から少し入ったところにあるCIVETTAで遅めの夕食。

大食漢3人で、気楽なイタリアンをがっつり食べたいということで行ってみた。

Civetta1

鰯(?)のマリネ。

Civetta2

ワインはルーチェのサードらしいサンジョベーゼ。

Civetta3

蝦夷鹿のカルパッチョ。

Civetta4

げんこつ大の白子のフリット。

Civetta5

天ぷらでなく、アメリカンドック風の厚めの衣で揚げた白子は生臭さを感じさせず、クリーミー。

Civetta6

スルメイカのフリット。

Civetta7

生海苔とズワイガニのパスタには細めのスパゲッティーをセレクト。
ここはディチェコを使っていて、ソースに合わせて自分でパスタを選べる。

生海苔度はクラッティーニにかなわないながら、ダシがよく出ています。

Civetta8

パンチェッタなどが入ったクリームソースは濃厚。

ちなみに、パスタの写真は1皿を3人に分けた一人分。

Civetta9

あんこうをアサリとトマトで煮たもの。

1皿はトマトものを食べないと落ち着かないのです。

Civetta10

鴨肉のロースト、ポルチーニとマディラのソース。付け合せはジャガイモ(インカのめざめ?)と紫芋。

肉自体は美味なれど、ポルチーニは感じられなかった。

Civetta11

紫芋のローストが、素材、焼加減ともに感動的で、追加で頼んだ野菜のロースト(グリル?)。
メニューにないのを「ある野菜を適当に盛り合わせてくれていいから!」と無理やり作ってもらったのだけど、大正解。ここの店の野菜は旨い。

Civetta12

これも追加のスカモルツァのソテー。

Civetta13

グラスで飲んだ赤。

これで1人1万円いかない。
期待以上に満たされた。
カフェ風の軽い内装ながら、場所も便利だし、店員も気が利いているしで使える。

ラシェリール

白金、五之橋近くにオープンして2週間のLacherieで夕食。
信用できる人々のおすすめがあったので予約して行ったのに、我々の他には客がいなかった・・・ので、電話番号も書いてみる。

ラシェリール:03-5789-4450

シンプルながら高級感のある店内。
コースは6800円(?)と9500円。
アラカルトもあるが、始めてなので、9500円のコースにしてみる。

Lacherir1

まずは豚のコラーゲンのコロッケ。

Lacherir2

トロリとした豚のゼラチンはカリカリの衣と一緒だと軽やか。

Lacherir3

ポロネギなどの野菜と生ハムのサラダはシェフ曰く、どこから見ても美しいと。

Lacherir4

フォアグラのキャベツ包み。

Lacherir5

火を通したフォアグラはホロリとしている。
もう少ししっかりした食感が残っていてもよかったかも。

Lacherir6

オマール。

Lacherir8

半生のオマールの下にはオマールのフラン。

Lacherir9

金目鯛のソテー。酸味のあるソースと共に。

Lacherir10

メインは2つの中から鳩を選ぶ。

Lacherir11

甘辛ソースで、中には野菜をつめてある。

Lacherir12

ねっとりなのにしっかりな肉質で、焼加減も好み。

Lacherir13

同席者は仔羊。

Lacherir14

チーズも色々と選べます。

Lacherir15

バジルシード入りのココナッツミルクをかけたコーヒープリン。

Lacherir16

キャラメルアイスとチョコレートケーキ。

Lacherir17

プチフールもちゃんと美味しい。

Lacherir18

その日のグラス白ワインは2種類。
両方ともシャルドネ。

Lacherir19

右のをボトルでもらい、その後、左のをグラスで。

Lacherir20

シャンパン。見たことのないものだったけど、好評。

Lacherir21

グラスで。

シェフがモナリザ出身というだけあり、最初から最後まできっちり美味しくて、変にやらかしていないマジメな料理たち。
思い立ったときに入れる今のうちに通っておきたい。

2006年12月 4日 (月)

ヴィロン 渋谷

VIRONはやはり、渋谷店がよい。

Viron121

単品でフライドポテト。

Viron122

ブーダン・ノワールも渋谷の方が濃厚で本格的。
定番のマッシュポテトのほかに、煮込んだリンゴを添えてある。

Viron123

イベリコ豚。

Viron124

がっつりと腹にたまる。

出されるバケットも、さすがの旨さ。

家ワイン

Wine_bo

スペインのピノ・ノワールとボジョレー(前にル・キャバレーで飲んで美味しかった)。

Wine_1203

シラー20%、グルナッシュ80%。
あまりシラーっぽくなくて、さらっとしている。

Wine_12032

イタリアのいかにもメルローらしいもの。

馬刺し

熊本から馬刺しが届いた。もちろん生。
冷凍すると、味が落ちる。

Basasi1

Basasi2

サシが入りまくって、トロリとしていても、脂が軽いからたくさん食べられる。
残さず美味しいうちに食べきるべき。

ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ

最近グルメで話題の真狩村から取り寄せられたジャムをいただいた。

La belle confiture masakoのイチヂク、胡桃、黒砂糖が入ったもの。

Makkari1

Makkari2

イチヂクがゴロゴロと入っている。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ