« 家ワインは相変わらず | トップページ | 青山 えさき »

2007年1月16日 (火)

新橋 笹田

新橋の笹田で10,000円のコース。
京味系です。

元すし屋というだけあって、カウンターのみ。椅子の背もたれの後ろは全て戸で、座るとその差10cmという窮屈さ。タバコを吸う客がいると、かなり辛い。
客層は場所柄かおじさま方のみの2人組や3人組が多い様子。店の作り的に若者は寄り付けないだろう。

Sasada1

白味噌の雑煮。
小さいお餅(こげなし)や京人参が入っている。
普段に白味噌を使わない(というより使えない。どう使ってよいのかわからない)もので特別感があり、うれしい。

Sasada2

自家製のカラスミは炙ったものと生と。
塩分が控えめで、お酒をいただかなくても問題なし。

Sasada3

ほうれんそうとお揚げの温かいおひたし。
出汁が旨いので、すする。

Sasada4

香箱蟹。

Sasada5

人にほぐしてもらった蟹は格別。

Sasada6

まぐろと平目の刺身。
平目はポン酢で食べてもよい。

Sasada7

甘鯛と豆腐、ネギのお吸い物。
本当に出汁がいい。東京のは角が立っていて、京都のはまろみがある。

Sasada8

焼き物は今が旬の**スズキ(頭に何が付いたのか忘れた)。

Sasada9

ナマコ酢。

Sasada10

京野菜のおでん。
聖護院大根、京人参、エビイモ等。

Sasada11

うずらの卵は半熟。
普段、あまり卵が好きではなく、おでんのも食べないのだけど、この大きさで半熟なら美味しいと思って食べられる。

Sasada12

全て旨いが何より秀逸なのが手作りのさつま揚げ。
ネギがたっぷり入っているのが甘くてふわっふわ。

Sasada13

土鍋で炊いたご飯にはお漬物、マグロのしぐれ煮、赤味噌の味噌汁。
ご飯のおこげも食べられる。

Sasada14

白玉あずき。

全体としてお酒を飲む人向けの料理で、味も京風にしてはしっかり。それでも塩味が濃いというよりは出汁がしっかりしているので、お茶だけでも美味しくいただける。
十分お得なのだが、個人的な好みとしては値段を少し上げてでも、あと1品、華やかな皿があってもよかったかなとも思う。ただ、客層や店の作りを考えると現状が程よいのだろう。
しつこいようだが出汁が旨く、残さずすするため、かなり満腹。

« 家ワインは相変わらず | トップページ | 青山 えさき »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ