« 恵比寿 の坂 | トップページ | 成田空港にて »

2007年2月22日 (木)

やっぱり すえとみ

来たいと思いつつ間が空いてしまっていた霞町すえとみ。

Suetomi0702211

まずは茶碗蒸し。
上にのっているのはつくし。

Suetomi0702212

中にはアンコウの肝が。
肝に合わせて出汁にちょっと酸味がある。

Suetomi0702213

穴子の鮨(?)
ご飯に何か混ぜてあって、それが穴子の香ばしさをさらに引き出す。

Suetomi0702214

上左から、普通より柔らかく初めてナマコを美味しいと思ったナマコ酢、焼筍、筍の下に焼海老芋、下左から、茹でアワビ、奥はぬた、周りにおかき(?)をまぶした白和え、海老まんまを押し焼きした煎餅のようなものの上にからすみ、からすみをまぶしたくわい。

Suetomi0702215

ふぐの白子はとろとろ。生臭さゼロ。
上に散らされている茶色いのはふきのとう。

Suetomi0702216

マグロと平目の刺身。青海苔添えて。
平目がエンガワかと思う味の濃さ。

Suetomi0702217

蓮根饅頭。蟹あん。

Suetomi0702218

周りがカリっとして、中がすごい弾力もちもちな蓮根饅頭。
中にはゆりねやきくらげ。

Suetomi0702219

太刀魚の炭火焼。

Suetomi07022110

感動の脂のノリっぷり。

Suetomi07022111

うどのゼリー寄せ。
ウニや花わさび。

Suetomi07022112

土鍋ご飯は鯛とふきのとう(???)。

Suetomi07022113

ほとんど食べてしまったお漬物とお味噌汁と一緒にいただく。

Suetomi07022114

鯛がごっそり。
ここのご飯は味付けがしっかりしていて好み。

Suetomi07022115

他の人が食べていて、うらやましがっていたら少しおすそ分けしてくれた蟹雑炊。
蟹味がっつりで旨い。

Suetomi07022116

いつもの蓮根もち。

やはりここは今、一番好きな和食屋。
金額と内容のバランスが良いし、食材オタクなすえとみさんの話を聞くのも面白い。
研究のためと言って日本各地の名高い料理屋を食べ歩いていたり、やはり研究熱心で食べ物が好きな人が作る料理というのはいいものだ。

« 恵比寿 の坂 | トップページ | 成田空港にて »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ