« ラデュレ | トップページ | ル・シャトーブリアン »

2007年3月 3日 (土)

ル・プレ・カトラン

パリ、ブローニュ公園内にある新しくミシュラン三ツ星になったLE PRE CATELANで昼食。

本当はランブロワジーで食べたかったのだけど、休暇中ということでこちらに。

わかりにくい場所でタクシーが公園内で迷ったりしながらどうにか到着。

Precateran1_3

ペパーミントグリーンを基調とした城っぽい豪華な内装。

ランチとはいえ、三ツ星になったばかりで3席も空いている。
このクラスのレストランに付き物の料理業界重鎮らしきおやじ1人客もいない。

Precateran2_3

アペリティフはゴッセのロゼ(23ユーロ)。
グラスのシャンパンは他にジャクソン(20ユーロ)とLouise(35ユーロ)。

パプリカ粉をまぶしたカシューナツ、白ゴマまぶした小さい丸いナッツ、中東系辛味香辛料をまぶしたピーカンナッツ。
味が濃すぎ。

Precateran3_2

お花はこんな感じ。

コースのメインがリードヴォーで気分ではなかったため、アラカルトでオーダー。

Precateran4_2

まずはもれなく出てくるオニオンクリームスープ(常温)。
右のポットに入っている液体を注ぐ。

Precateran5_2

注いでも外見に特に変化なし。
黒トリュフがかけられた濃い味付けのオニオンポタージュで、よく炒めた玉ねぎのキャラメリゼのような香りもする。

Precateran6_2

パンはバゲットかシリアル入りか。

Precateran7_2

前菜に選んだのは、その名もLa Truffe(95ユーロ)。

3皿やってきた。

Precateran8_2

このトリュフのごっそりさにはあがる。

Precateran9_3

しかも分厚い。

玉ねぎ、極小に刻んだベーコン、黒トリュフをよく炒め、クリームを加えたものと底にはパリッパリの春巻きの皮。

塩がもう少し強くてもよかったかも。

Precateran10_2

細長い皿に並んでいるのは、スミレと火を通したコンテ。

Precateran11_2

コンテの下にはトリュフ、ビーツ。

振りかけた黒胡椒、トリュフ、コンテの組み合わさった芳香。

Precateran12_2

泡立てられたのはビーツのスープ(常温)。

外見を泡で誤魔化すのは安易すぎないか。

Precateran13_2

こちらにもトリュフ。
でも口に広がるのはビーツの青臭さ。

Precateran14_1

グラスの白ワイン(15ユーロ)を頼んだら盛りがよく、最後までもった。

J.M.BoillotのChassagne Montrashet 2003。
ミネラルが強烈。

Precateran15_2

バターを忘れられていて、ここで頼む。
塩有と無の2種類。
塩有には店名が刻印されている。

Precateran16_2

メインには羊、アニョー(75ユーロ)。

Precateran18_3

1つは3口ぐらい。
トリュフとタイムがのっている。

Precateran19_2

焼き加減がロゼとはこういうものなのでしょうか?
もう少し赤い方が好み。
それでも噛めば噛むほどジュワっと味が出て、しばらく噛んでもギシギシしてこない。

Precateran26_2

添えられたマスタードもクリーム仕立てで辛さを感じさせない。かろうじてマスタードの香りがする程度でワインの邪魔をしない。

Precateran20_2

泡の下はラビオリ。
少し茹ですぎ。

それにしても、この泡が流行り始めてからずいぶん経つのに、まだ続いているのだろうか?
地味な外見に格好をつけるには役立つかもしれないが、味にはむしろ逆効果な気がする。
三ツ星なら、もっと他の方法で演出してほしいもの。

Precateran21_2

ラビオリの中はとろりとしたゴートチーズとシブレット。
せっかくチーズが美味しいのに、シブレットが多すぎで臭い。
ネギ系が多すぎるのは下品では。

Precateran22_2

・・・・・・。

玉が来たよ。
スペシャリテだと言われて頼んだら、こういうスペシャルさだったか。
まったく美味しそうと思わせない演出。

Precateran23_2

飴細工の玉の中は、サイダーの泡、焼きりんごかと思わせる濃厚さのりんごアイス、歯ごたえの楽しさを加える焼き菓子やナッツを砕いたもの(28ユーロ)。

パティシエも泡の病に侵されているのか。
飴細工はサイダーの泡とともに味的に不必要。

Precateran24_2

プティフールはワゴンから好きに選ぶ。

Precateran25_2

イチゴゼリー、チョコレートの筒の中は生クリームとリキュール漬チェリー、チョコレートマカロン、チョコフレーク、ペパーミントババロア、アップルトライフルのタルト。
味は普通。
エスプレッソをもらって8ユーロ。

正直、料理にはがっかりさせられた。
三ツ星には焼き加減や塩加減の完璧さを求めるので、それが全く感じられなかったし、美味しさに感動するということがなかったと言える。
もちろん美味しいのだけど、三ツ星というのが納得いかない。
味を極める前に、見てくれの技巧に走った上、しかもその技巧がイマイチ。
ここが三ツ星で、タイユヴァンが落ちるって、納得できない。

トリュフや泡など、凝ると何にでも使っちゃうというのもいかがなものか。

サービスは抜けているところがありながらも可愛げがあって、楽しい時間を過ごさせてくれる。

合計249ユーロ。
サービス料込みが明瞭。

帰り、呼んでもらったタクシーに乗ったとき、口の中を満たしていたのはシブレットのネギ臭。

« ラデュレ | トップページ | ル・シャトーブリアン »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ