« ル・シャトーブリアン | トップページ | ホテルで夕飯 »

2007年3月 4日 (日)

ビストロ・ポール・ベール

11区にある昔ながらの店、LE BISTRO PAUL BERT。

満席で30分ぐらい待って、やっと席につく。

Paulbert1

32ユーロのプリフィクスメニュー。

Paulbert2

ガス入りの水を頼んだら、もれなくシャテルドンが来た(3ユーロ)。
塩・胡椒挽きはプジョーだし、期待できる。
パンは酸味の効いた田舎パン。

Paulbert3

前菜はブイヨンにレンズマメ、ズッキーニ、ラビオリ入り。
パリに着いてからずっと、温かい蕎麦が食べたくて、というより汁が飲みたかったので、このラーメンの汁のようなブイヨンはしみた。

Paulbert4

ラビオリの中はフォアグラ。
少ししか入っていないのでとろけているけど。

Paulbert5

メインはおすすめにしたがって、うさぎ(ラパン)のクリーム煮、タリアテッレ添え。
クリームがさっぱりしていて美味しかったけど、ラパンはほとんど鶏で、独特の香りはしない。
太いポテトフライが付け合せのステーキにすればよかったかも。

ロワールの赤ワインをグラスで飲みながら(5ユーロ)。

Paulber6

デザートはスフレ。パリでは比較的定番なデザートだけど、東京ではあまり見かけない。

ここのデザートはどれも巨大で、普通の店@パリの倍はある。2人で1つを食べている人も多い。

Paulbert6

周りはこんがりと焼けていて、中はとろとろ。
リキュールが強い。

エスプレッソ(2.5ユーロ)をもらって、合計42.50ユーロ(チップ別)。
待っている間に飲んでいた白ワインをサービスしてくれた。

Paulbert

この辺りは美味しい店がかたまってあるが、交通が不便。

« ル・シャトーブリアン | トップページ | ホテルで夕飯 »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ