« ランテルナマジカ 相変わらず | トップページ | 機会あらばぜひ »

2007年4月18日 (水)

生麩の蒲焼?

Vino0704171_1 アンドレ・エ・レミー・グレッセールのクレマン・ド・アルザスはきめの粗い泡がぼこぼこ出て、味に深みがない。


Vino0704172

これは生麩の蒲焼?
家飯=母飯。どうやら雑誌WASABIを参照して作った様子。甘辛い外側とくんにゃりした生麩食感がよく合って、当たり。冷めても美味しい。

Vino0704174

日本酒は麒麟山の大吟醸辛口。

Vino0704175

筍と椎茸のオイスターソース炒め。季節ですから。

« ランテルナマジカ 相変わらず | トップページ | 機会あらばぜひ »

家ワイン ・ 家飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ