« アルキメーデ | トップページ | 生麩の蒲焼? »

2007年4月17日 (火)

ランテルナマジカ 相変わらず

がっつり食べて飲むときのお馴染み、目黒のランテルナマジカ

Rante0704161

まずはグラスの白ワイン、サルディーニャのヴィッラ・ディ・クアルツ、チェポラ・ビアンコ。
酸味が弱めで好み。

Rante0704162

この日のメニューから、アーティチョークのサラダ。
缶詰でも瓶詰めでもない。
幅広パルミジャーノと一緒に。

Rante0704163

豚頭肉のゼラチン仕立て。
イタリアンパセリが効いているのか思ったよりさっぱり。

Rante0704164

団子状になっているのが、シラウオの鉄板焼。
シラウオが柔らかく臭みがない。

Rante0704165

ピエモンテのピオ・チェーザレ、ネッビオーロ・ダルバ 2003。
軽やかながら最初はバニラ、後からコーヒー。

Rante0704166

ブロッコリーのような味わいのカーヴォロ・ネーロ(葉キャベツ)ペーストのリングイネとアサリとオリーブ、ケッパーのトマトソース・スパゲッティ。
(取り分けてもらったところ)

Rante0704167

ブイヤベース。
(取り分けてもらったところ)

Rante0704168

花ズッキーニのフリットはモッツァレラとアンチョビ入り。
おなじみながら、絶妙に薄くてパリっとした衣と塩加減に毎回うっとり。

Rante0704169

次のボトルはシチリアのパラーリ、ファロ 2003。
ブルゴーニュっぽい華やかさ。

Rante07041610

一つ一つサヤから出されたグリーンピース入りのラグーソースで食べるマルタリアーティ。
(取り分けてもらったところ)

Rante07041611

熊本産馬肉ロースの炭火焼。
さすが馬肉だけあって、サラっと脂が溶ける。脂部分を塊で食べても胸焼けしない。
(取り分けてもらったところ)

Rante07041612

仔羊のカッチャトーラは野菜のグリルと共に。
(取り分けてもらったところ)

Rante07041613

食後酒はイタリアから持ち帰ったというリコリス風味のサンブーカとChina Martini。

Rante07041614

デザートはズッパ・イングレーゼとレモンソルベ。

ここに食の趣味の合う人々と来ると、確実に盛り上がる。

« アルキメーデ | トップページ | 生麩の蒲焼? »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ