« ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 相変わらず | トップページ | ごはんや »

2007年5月 9日 (水)

アルキメーデ リベンヂ

この間、腹具合がイマイチのときに行って、不完全燃焼だった神泉のアルキメーデに再訪。

やはり1種類のコースのみ。
隣の席は若い女性4人組だけど、大丈夫なんでしょうか?

Archi0704281

自家製のグリッシーニや前回と同じリエット、パテ。

Archi0704282

キャベツのズッパ。
ズッパといっても、ぐちゃぐちゃと煮たようなもの。
じんわりと旨い。

Archi0704283

前菜トレー。
右下の白魚のマリネに季節感を感じる。グリーンソース添え。

Archi0704284

パルミジャーナ・ディ・メランザーネ。
この料理、ナポリではメイン的に登場していた。素揚げした茄子とトマトソース、モッツァレラ、パルミジャーノをミルフィーユ状に重ねてオーブンで焼く。

Archi0704285

豚とセルバティコの巻いたものを開くとこんな感じ。

Archi0704286

新玉葱焼きとムール貝焼き。

Archi0704287

桜海老のスフレ、桜海老トマトソースのせ。

Archi0704288

カサゴ(?)の小さいのを丸揚げ。

Archi0704289

鰯のライムマリネは好きなだけ食べろと。

隣の席の女性達はこの段階で満腹らしく、プリモやセコンドを小さくしてくれるように頼んでいた。

Archi07042810

選んだプリモはシチリア風カバテッディ(セモリナ粉のニョッキ)、トリッパのアラビアータ。
小麦粉のニョッキの水っぽさがなくて、セモリナ粉のものの方が好み。

Archi07042811

もれなく出てくるペスカトーレ。
やはりプリモは2皿共選びたいな。

Archi07042812

メニュー上から2番目(2番目に多いということ)の豚肉ソテーとインボルティーニの盛り合わせ。
これは量を減らしてもらったもの。

Archi07042813

上から3番目の仔羊オーブン焼き。
酸味が効いたソースで、あっさりとしている。
が、本当に腹いっぱいなんです。
パスタを食べ終わった段階では余裕だったのに、肉を一切れ口に入れた瞬間、突然限界を感じた。

Archi07042814

デザート盛り合わせ。

それぞれの量を減らしてもらうことが可能であることを知った。でも、その技を使うならこの店で食べなくてもよいかもしれない。

« ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 相変わらず | トップページ | ごはんや »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ