« ダル・マテリアーレ 再訪 | トップページ | ラ・ピッチョリー・ド・ルル がっつり »

2007年6月 6日 (水)

ブラッスリー・オザミ 久しぶり

好きな店なのだけど、場所的にかみ合わなくて遠のいていたブラッスリー・オザミで夕食。

4,725円で前菜・メイン・デザートのプリフィクスコース。

Osami0706021

活〆ハモのマリネ、青シソとトマトの冷たいスープ。
夏がきたことを実感させる一皿。
トマトはシャーベットになっている。日本の素材なのに全体はヨーロッパ的にまとまっていて、こういう工夫が上手く仕上がっているのがさすが。

Osami0706022

友達のフランス産白アスパラはチーズ(なんだっけ?)をかけて。ヴィネグレットソースも添えられていた。

Osami0706023

他の友達は根室産大助の焙りカルパッチョ。付け合せた野菜に季節を感じる。

Osami0706024

白はドメーヌ・ロマノー・ディストゥゼをカラフで。
酸味が少なく、深みのある味わいで好み。ボトルで頼もうと思ったら、本数がなく、ムリだった。

Osami0706025

メインは仔牛のロニョン(腎臓)のロースト、マスタード風味。
これでもかという量で登場。

Osami0706026

コリっとして脂っけの薄い腎臓。
マスタードはそんなに感じなかった。

Osami0706027

友達のオマール海老のブイヤベース。

Osami0706028

もう一人は岩手産短角牛のステーキ、エシャロットソース。

Osami0706029

赤もカラフで、アルザスのピノノワール。レッツェンベルグ。

Osami07060210

デザート。
これ、なんだっけ?シュー生地にカフェ風味のクリームを挟んだもの。
キャラメルのアイスを添えてもらった。

Osami07060211

メロンのコンポート。

この金額できちんと季節感を味わえる、以前のオーバカナルを彷彿とさせるよい店です。
もっと頻繁に行きたいものだ。

« ダル・マテリアーレ 再訪 | トップページ | ラ・ピッチョリー・ド・ルル がっつり »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ