« 食事会 | トップページ | コルネット »

2007年7月18日 (水)

サルディーニャ風仔豚の丸焼き

前日の食事会で、私がサルディーニャに行ったことがないと言うと、次の日はサルディーニャ出身の友達が家でサルディーニャ風仔豚料理の会を開いてくれるという。
彼女の両親が遊びに来たときに持ってきた乳飲み子豚で、他の地方ではこれだけ生まれて間もないものは出回っていないそう。

070709sardo1

厳密には丸焼きではなく、縦割り半身。

070709sardo2

こんがり焼かれてしまいました。

070709sardo3

脳みそ。
ちょっとレバーっぽい。
ローマで食べた羊の脳みそのフライは白子のようだったが、この仔豚の脳みそはよりクセがありにっちりとした歯ごたえ。

070709sardo4

070709sardo5

普通の仔豚よりも野性味があり、皮がパリッパリ、中はジューシー。でも脂が軽い。
匂いの強い肉が好きなもので、いくらでも食べられる。7人で半身だったのだけど、丸ごとでもいけたのでは。
一緒に焼かれたジャガイモも旨い。

070709sardo6

サルディーニャの親戚による自家製チーズ(ペコリーノ)やサラーメも。ミルトで香り付けしたサラーメもあった。

070709sardo7

シチリア、Baglio HoppsのDiana。

070709sardo8

サルディーニャ、マストロベラルディーノのタウラージ、Radici。

070709sardo9

食後酒もろもろ。

070709sardo10

凝ったジェラート達。

070709sardo11

サルディーニャの素朴なクッキー。

070709sardo12

「ちょっと焦がしてしまったから本当の姿を見せたい」と実家で料理されたものの写真を送ってくれました。
実際は丸ごとを棒に刺し、火の上でぐるぐると焼くそう。

夜10時ごろに始まった食事会。解散したのは夜中2時。

« 食事会 | トップページ | コルネット »

2007年夏 南イタリア」カテゴリの記事

家ワイン ・ 家飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ