« Don Camillo | トップページ | シラクーサのメルカート »

2007年7月14日 (土)

シラクーサ散策

070702gerato1

着いてすぐにジェラート。

070702gerato2

Duomo裏のCaffe Minervaでピスタッチオとマンドルラ。1.60ユーロ。
ピスタッチオの濃さにシチリアを実感。

070702siracusa1

070702siracusa2

070702siracusa3

070702siracusa4

ギリシア劇場。

070702siracusa5

070702siracusa6

070702siracusa7

ディオニシオの耳。

070702siracusa8

耳の中。

070702siracusa9

070702siracusa10

ローマ競技場。

070702siracusa11

遺跡を見終わったらのどが渇いた。
スプレムータ・ディ・アランチャ(絞りたてオレンジジュース)を。

070702siracusa12

南イタリアでは乾きに強い夾竹桃がそこらじゅうに見られる。
熱波でウチワサボテン以外がぐったりと下を向いているメキシコのような荒野でも、夾竹桃だけはまがまがしく様々な色で咲き乱れる。
これは友達に言われて気づいたことで、ナポリでもたくさん見られた。今まで何度も行っていて、全く気がつかなかった。人と旅行をすると、自分が意識を向けなかったことに気づかせてもらえる。

070702siracusa13

ホテルの前はすぐに海。
エレベーターがないことと水が塩っぽい(これはシラクーサ全体がそうなのか?)を除けば、クリーンで居心地がよく、場所も便利。テラスで食べる朝食も気持ちがよく、スタッフも親切な良いホテルだった。

070702siracusa14

海沿いの遊歩道。
日本ではもはや使われていないような遊具があったり。

070702siracusa15

浜辺がない。
海水浴をしたいなら、シラクーサ中心地から離れる必要がある。

070702siracusa16

070702siracusa17

歩いていたら、夕日に出くわす。

070702siracusa18

日が沈むの眺められる、なんだか放心できる街。

7時ぐらいまでは昼間かと思うくらいに明るい。

070702siracusa19

泊まるのは必ずオルティージャで。
主要なレストランが集まっていて、夜でも歩いて帰れる。

« Don Camillo | トップページ | シラクーサのメルカート »

2007年夏 南イタリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ