« フリット屋 | トップページ | ナポリのDuomo »

2007年7月19日 (木)

Zoppicone

夜に連れいていってもらったのはナポリ中心地から車で20分ぐらいのSomma VesuvianaにあるZoppicone。

070710zoppicone1

外見は普通の家みたいだし、中はだだっ広く公民館みたい。
私は初めて行く店だったのだけど、友達が「店の作りはしょぼいんだけど、料理は本当に美味しいの」と。

料理を口頭で言われる。ワインはハウスワインのみ。

070710zoppicone2

前菜として、ジャガイモ入りとズッキーニ入りのフリッタータ、揚げ物(何の?)にチーズをのせたもの。

070710zoppicone3

スペック、オリーブ、プローヴォラ、カタクチイワシのマリネ。

070710zoppicone4

カタクチイワシのマリネが秀逸。
フェンネルの香りで、他にもケッパーやパセリ、唐辛子などが細かく刻んで入っている。

070710zoppicone5

クロケッタ。

070710zoppicone6

パスタ・エ・ファジョーリ。

070710zoppicone7

ここのはまろやかで優しい味。個人的に「パスタ・エ・ファジョッリといえば…」で期待するものそのまま。
たまにシャバシャバと水っぽいのがあるが、こういうドロっと濃いのが好き。

070710zoppicone8

メインで出てくるストッカ(干し鱈)の屑部分をソースとしたパスタ。

070710zoppicone9

メインのストッカのトマト煮も完璧。
黒オリーブやケッパー入り。この辺りの小さいトマトは美味しいと評判だそうで、それを使ったソースはコクがあり、ブチンブチンとしたストッカの歯ざわりとよく合う。

一緒に食事をした人は近所出身で今もこの町に住んでいる。
親戚やら知り合いやらに会って挨拶していたが、皆、「この店のストッカは美味しいわよねー」と口を揃える。

070710zoppicone10

頼んでいないのに出てきたラグー。ブラチョーラとポルペッタ。

070710zoppicone11

そしてコーティカ(豚の皮)。

070710zoppicone12

ポルペッタはチーズ入り。
コーティカは豚足みたいなゼラチン質。

070710zoppicone13

自家製リモンチェッロ。

家庭料理だが、どれも手間と時間がかかるものばかり。それを手抜きせず、きっちりと作っている。こういうレストランにこそイタリアらしさを感じる。ナポリで必ず行く店リストに加えておこう。

この日はなぜかおまけをしてくれて、1人15ユーロという激安。
いつもは20ユーロから25ユーロとのこと。

« フリット屋 | トップページ | ナポリのDuomo »

2007年夏 南イタリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ