« プティ・トノー 虎ノ門 | トップページ | ル・ジュー・ドゥ・ラシエット 再訪 »

2007年8月15日 (水)

ブラッスリー・オザミ 豚足

日比谷のブラッスリー・オザミに行ったら、たまたま「メルシーDay」なる日で、コースで頼んだ人は10%オフなのだとか。

シャンパンはDuval Charpentier。
税別5,800円のコースにする。

Ozami07081

博多直送、天然クエのカルパッチョ。
赤く「赤字売り!!」って書かれてたら、頼むしかない。

Ozami07082

ぶりぶりとしたクエは水ナスの千切りとトマト、バジルソースと共に。

Ozami07083

友達は青森産イガムラサキウニ、赤カリフラワーのムースとオマールゼリー。
そのまま殻ごとのウニにムースとゼリーが入っていて、ウニをこそげながら食べる。
ここの店はこういう前菜が上手い。

Ozami07084

さて、メインです。

Ozami07085

フランス産ビゴール豚の豚足。
席の後ろに黒いビゴール豚の写真が飾られていて、そそられたのです。

Ozami07086

でも、実は豚足って苦手なんでした。
前に食べたのがずいぶんと昔だったし、どういう風にダメだったかの記憶がなかったから、今は大丈夫かもしれないと頼んだのだけど、ここまでゼラチン一辺倒なものはどうしてよいのかわからない。
不味いとか気持ち悪いとかじゃなく、折り合いがつけられない。
完敗です。

Ozami07087

酢が控えめのピクルスでほっとする。

Ozami07088

友達もビゴール豚。

Ozami07089

グリルにアリゴ添え。
獣感を感じる味の豚肉。

Ozami070810

デザートはルバーブのコンポートにバニラアイスと山桃ソルベ。

Ozami070811

友達はバナナとココナッツのタルト。

« プティ・トノー 虎ノ門 | トップページ | ル・ジュー・ドゥ・ラシエット 再訪 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ