« セーノ SENO | トップページ | すえとみ 鮎 »

2007年8月10日 (金)

希須林 青山

青山で夜、運動後にビールを飲みながら食事を、というわけで246沿いのティーヌンに行ってみたら満席。で、近くの希須林を覗いたら、ぎりぎりで席があった。

夜にここで食べるのは久しぶり。
今、一番美味しいと思うサントリーのプレミアム・モルツを飲みながら。

Kisurin0708091

くらげの冷菜。

Kisurin0708092

こんなに1つ1つが大きなくらげは初めて食べたかも。
厚みもあるので、ただコリコリするだけでなく、固さにバリエーションがある。表面はサクっとして、内側はより歯ごたえがあるという風に。
くらげを見直しました。

Kisurin0708093

セロリと黄ニラの塩炒め。

Kisurin0708094

海老と春雨の辛い煮込み。
茸や野菜もたっぷり。
唐辛子だけでなく山椒の辛さもあり、黒豆がコクを加えている。

Kisurin0708095

マコモ茸と茄子の辛くて酸っぱい炒め物。
挽肉入りで名前通りな味付けのタレをご飯にかけたくなった。

Kisurin0708096

酸辣タンメン。
粘度が控えめなサラっとした汁は酸味がはっきりしていて旨い。

その時に求めていた味が食べられて、満足です。
ここの料理は辛さも酸っぱさもくっきりと明解。
個人的に、中華というよりはエスニックの箱に入れてしまっていて、夏に食べたくなる。

« セーノ SENO | トップページ | すえとみ 鮎 »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ