« 希須林 青山 | トップページ | モナリザ 丸の内 »

2007年8月12日 (日)

すえとみ 鮎

去年はこの時期に来ることができず、鮎をいただくことができなかった。
今年こそはと霞町すえとみへ。

Suetomi0708

Suetomi07082

うに、卵豆腐、酢味のゆるい煮凝り。上から柚子を散らして。
うには酸味のあるものと合わせると引き立つそう。

Suetomi07083

おこわに辛さが控えめな青唐辛子を刻んだものと鰹節の入ったあんかけ。

Suetomi07084

Suetomi07085

クリーミーで豆乳の味が口の中を満たす湯葉。
ほおずきの中は蟹と温泉卵に卸した生姜を少し。
茶豆。 桜海老素揚げ。クチコ。
甘さの強いとうもろこしの団子揚げ。
煮いちぢく味噌ダレ添え。

Suetomi07086

蟹味噌も加えられていて、温泉卵と合わさった濃厚な旨味にキリっとする生姜。

Suetomi07087

鱧はジュンサイ入りダシと。上にそっと添えられた梅。

Suetomi07088

ホロリとしながら脂ののった鱧としゃくしゃくと楽しい歯ざわりのジュンサイ。

Suetomi07089

大間のマグロ、マコガレイ、葉山のあおりいか。
いかの歯に吸い付きながらとろける甘さが秀逸。

Suetomi070810

冬瓜、加茂茄子、茗荷たきあわせ。ほんのりゆず風味の冬瓜は中まで出汁がしみている。

Suetomi070811

待っておりました。鮎とまろやかな蓼酢。

Suetomi070812

ぷっくりとやわらかい腹に苦味だけでなく甘さを蓄えた鮎。

Suetomi070813

あわび、蓮芋、きゅうり千切り、しその花。

Suetomi070814

やわらかく煮られたあわびとしゃっきっとした蓮芋の組み合わせ。

Suetomi070815

本日は鱧ご飯。

Suetomi070816

こってりとした鱧の出汁が鼻に抜け、梅がさわやかさを加える。

Suetomi070817

二杯目はおこげも。

Suetomi070818

蓮根餅。

Suetomi070819

皇室に献上される桃。巨峰。

夏バテなどしている場合ではない。

« 希須林 青山 | トップページ | モナリザ 丸の内 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ