« 富麗華 お昼ごはん | トップページ | 昼食会第二部 @福臨門酒家 »

2007年8月26日 (日)

ロオジエ

常連でいらっしゃる日本一グルメな動物のお医者さんとムッシュ・フレンチ(ワイン番長でもある)の最強ご夫婦によるロオジエ昼食会に参加させていただいた。

総勢9人にて個室。初めてお会いする方々が大半。皆様凄まじいグルメでなおかつ胃袋のキャパシティーが尋常でない。
「今まで消えものに払ったお金を残るものに使っていたら、今頃、モノを目の前にして罪悪感で死んでしまっていたから、消えるものでよかった」という発言には爆笑。

シェフが代わってから初めてのロオジエ。
メナール氏になった当初はマイナスな評価を聞くことが多かったが、いまや以前からの常連の皆さんも納得の料理をいただける店に戻ったとのこと。

Losier0708251

Losier0708252

シャンパンはペルトワ・モリゼ、ブラン・ド・ブランのブリュット・ミレジメ 2000。
柔らかい。

Losier0708253

パンも多種。
新しいところでは蜂蜜入り。

Losier0708254

アミューズ。
またもや詳細を失念。美食ブログをされている方々がアップされたら、そこから引用させていただくとしよう。

Losier0708255

ムース、クリームにチーズのクルトン(?)が楽しい歯ざわりを加えていた。

Losier0708256

鴨のフォアグラのグリエ、日向夏のマルムラード、ロングペッパー風味、ミックスサラダ添え。

Losier0708257

生姜の砂糖がけとココナッツを砕いたものをのせてある。
日向夏のほろ苦い甘さや、ロングペッパー(インド胡椒)のシナモンのような香りがフォアグラのコクを際立たせつつ重さを和らげる。

Losier0708258

フォアグラにはChateau Laffitte Ceston。

Losier0708259

新鮮な真鯛のフィレ、パイナップルのジュレ、カレー風味、パニスとズッキーニ、赤ピーマンのチャツネ添え。

Losier07082510

しっとりと味の濃い真鯛。
下にいる緑のは何だったけ? 真鯛を引き立てていた名脇役だったのだけど。
カレー風味が強すぎず、ほんのりなのが良い。

Losier07082511

鯛には素晴らしい白ワイン。
ルロワのムルソー・ジュヌヴリエール 1979。
最初はウォッシュチーズのような香り、しばらくすると蜜。

Losier07082512

乳飲み仔豚のロティ、トリュフ風味のポレンタとシンプルなジュ、ヴェルヴェーヌの香り。

Losier07082513

ゆっくりと低温で火を通された豚の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。
旨さが濃厚ながら上品で、脂も胃に負担をかけない。
ボリュームがあるのにするすると腹に収まる。

Losier07082514

なんと、ブーダン・ノワールまで。
しかも、ちゃんと独特のクセが感じられて好き。
ブーダン・ノワールのように個性を味わう料理を、ダレでもが受け入れられるようにかわいらしく作られると失望するというもの。

Losier07082515

ポレンタは後から皿に盛られる。
サマー・トリュフではないそうで、香りも十分。

Losier07082516

サモサ。

メインに合わせたワインはベルナール・デュガ・ピィのジュヴレ・シャンベルタン 2000。

Losier07082517

チーズのワゴン登場。

Losier07082518

どれも完璧な熟成です。
ワゴンからシェーブル3種類、エポワス、24ヶ月熟成のコンテ。
珍しくコンテに感動。普段、初心者向けとして侮っていたコンテだが、ロオジエのなら試す価値ありと頼んだところ、期待以上だった。

Losier07082519

チーズと一緒のワイン。
酒精強化ワインほどのアルコール感はなく、パッシートのようでもあるが、より果実。なんだろうと思っていたら、ワイン番長の予想通りポムロール。
シャトー・ネナンの1985。

Losier07082520

本日のワインたち。
このような貴重なワインがいただけたのは、主催のご夫妻のお力ゆえ。

Losier07082521

アヴァン・デセール大会。
まずはさっぱりと。
底は苺のジュレ。

Losier07082522

エッグ・スタンドにクレーム・ブリュレ。

Losier07082523

マカロン。

Losier07082524

パリっとしたもの。

Losier07082525

マドレーヌとポン菓子のようなもののキャラメルがけ。

Losier07082526

デセール。
クレメ・ダンジュー、レモンとバジルのシャーベット、フルーツとタピオカ添え。
バジルのシャーベットが葉をそのままかじっているようにバジル。

Losier07082527

クリーミーなクレメ・ダンジューは木苺のフィルムとジュレと共に。

Losier07082528

プティ・フールワゴン。

Losier07082529

Losier07082530

赤いフルーツのマシュマロ、オレンジピール、アプリコットのマドレーヌ、キャラメルを加えたチョコレート菓子、チョコレート。

やはりロオジエは日本で最も素晴らしいフランス料理店の1つです。
高額を覚悟しなければならないレストランではあるが、ユーロが高い今、同じ金額でこれだけ満足させてくれるレストランは、フランスの三ツ星の中でも少ないのではないかと思う。

さて、12:30に始まった昼食、ロオジエを出たのは16:30過ぎ。
でも、この日の昼食はまだ終わらないのです…。

« 富麗華 お昼ごはん | トップページ | 昼食会第二部 @福臨門酒家 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ