« デロンギ De'Loghi | トップページ | チャイヤプーム »

2007年9月12日 (水)

イル・ルポーネ 中目黒

中目黒のイタリア料理、というかピッツァを中心とした南イタリア料理屋、イル・ルポーネ
前回、昼ごはんで食べて、夜も来てみたいなあと思っていたのが、やっと実現した。

メニューはアラカルトのみ。
まずはスプマンテをいただきながら、黒板に書かれた本日のメニューを中心に前菜を。

Lupone0709111

冷製リコッタチーズを詰めた、なすのオーブン焼き。
クリーミーなリコッタチーズの美味しさが生きていて、単純ながら美味しい。

Lupone0709112

磯ツブ貝、オリーブオイルとレモンで。

Lupone0709113

なす、ズッキーニ、トマトのオーブン焼き。
パン粉をふりかけて焼いてある。

Lupone0709114

スカモルツァチーズのソテー。
よく軽いメインとして食べられるスカモルツァのソテー。
ここのはパン粉を付けて焼かれていて、あっさり。

Lupone0709115

カンパーニャ、カンティーナ・デル・タブルノのグレコ。
蜜っぽさや花の香りがあるも、酸もたっているので相殺されている。
白らしい白。

ここのワインの種類は多くないが、南イタリアのものだけに限っているのが潔い。

Lupone0709116

ピッツァ・アリーチェ。
ヒシコイワシ、オレガノ、ニンニクののった辛いトマトソースで、チーズはなし。
アンチョビでなく、本当にイワシ。

Lupone0709117

ピッツァ・チッチョリ。
ナポリ風チャーシュー(=チッチョリ)、モッツァレラ、パルミジャーノ。
ナポリのチッチョリは、いかにも脂屑といったテカテカのコテコテなのだが、ここのはかなり脂控えめ。

こちらのピッツァ生地はナポリ式ながら、もっちりというよりはサクッとして軽いので、重めの具をのせた方が合っているように感じた。
他の料理も南イタリアといいつつオリーブオイルまみれでなく、かなりさっぱりと小奇麗な仕上がりで、お腹に優しい。

Lupone0709118

剣先イカとからすみのスパゲッティ。
からすみが少ない。新鮮なイカがメインの一皿。

Lupone0709119

赤ワインはシチリアのネロ・ダーヴォラで、トッレヴェッキアのAKATES。

Lupone07091110

ソレント風ニョッキ。
酸っぱすぎないフレッシュなトマトソースとミルキーなモッツァレラ汁が混ざって美味。

Lupone07091111

仔羊のグリル。
付けあわせをミックスサラダからルッコラのみに変更してもらう(別料金)。

Lupone07091112

まだ食べられそうだと、前菜に戻る。
メインはグリルか魚のアクアパッツァかという感じで、そそられるものがなかったので。

茹でたタコとセロリのサラダ。

Lupone07091113

ブトウエビのフリット。

Lupone07091117

細かいパン粉をまぶした周りはカリっと、中はジューシーでミソのコク、塩加減も丁度良く、旨い。
夏の昼間、海辺で、コレと白ワインをやりたいね。

Lupone07091114

デザートのババはラム入りシロップが少なくて、乾きすぎなのが残念。

Lupone07091115

アッフォガート。

Lupone07091116

コーヒー豆(?)の浮かんだサンブーカ。
テーブルで火をつけてくれる。

自家製リモンチェッロはアルコール臭が抑え目で、飲みやすい。

料理を人数で割れるように配慮してくれたり、腹具合を見ながらバラバラとオーダーしても、嫌な顔一つせずに対応してくれる。
4人で38,000円。コストパフォーマンス高っ!! 

« デロンギ De'Loghi | トップページ | チャイヤプーム »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ