« グルジア風餃子 | トップページ | リストランテ・ダ・ニーノ 乃木坂 »

2007年10月13日 (土)

すえとみ 松茸と鱧

今年も秋の味覚をすえとみで満喫できましたとさ。

店に足を踏み入れたとたん、松茸の香り…。

Suetomi0710121

器鑑賞も楽しみの一つ。

Suetomi0710122

松茸の茶碗蒸し。すだちもほんのりと。

Suetomi0710123

Suetomi0710124

にっちりとした歯ざわりのぎんなんのおこわ。

Suetomi0710125

Suetomi0710126

柿の白和え。胡桃がすりつぶして入っている。

Suetomi0710127

ウニ、イクラ、あわび。

Suetomi0710128

いつもよりちょっと塩辛いような気がしたクチコ、手前はクリーミーな日本の古代のチーズ「蘇」で、豆腐の粕漬けっぽい感じ。奥は何の魚を煮たものだっけ??
他に栗の渋皮煮も。

Suetomi0710129

まるで松茸のかさのような土瓶。

Suetomi07101210

Suetomi07101211

ふおおおおお
鱧と松茸の土瓶蒸し。

Suetomi07101212

香りだけでなく、コリっとした歯ごたえも楽しめる大きさの松茸様。

Suetomi07101213

脂ののりまくった鱧。

Suetomi07101214

まぐろと銚子のひらめ。

Suetomi07101215_2

Suetomi07101216

粟麩、かぶ、青菜(はなんだったっけ?)の炊き合わせ。

Suetomi07101217

のど黒。
こちらで何度かいただいたが、この日は断トツに濃厚だった。

Suetomi07101218

こってりとしたのど黒の後でさっぱりさせるのは、菊、ウニ、焼いた秋茄子の酢ジュレ。

Suetomi07101219

しっとりと炊き上がった松茸と鱧の土鍋ご飯。

Suetomi07101220

お味噌汁。

ご飯のおかわりをお願いしたら、別の土鍋を持ってきた。

Suetomi07101221

なんと、ご飯の具を選ぶとき、松茸を頼んだあとに「やっぱり、こっちにすればよかったかも」と言っていた天然の舞茸と鱧のご飯をサービスしてくれた。
こういう心遣いがたまらない。

舞茸は醤油で炙ってから炊き込まれていて、焼いた醤油と舞茸の野趣あふれる組み合わせに恍惚となる。
こちらはぱらりと炊かれたご飯。

Suetomi07101222 

いつもの蓮根餅。

次の食材は何かなあ。

« グルジア風餃子 | トップページ | リストランテ・ダ・ニーノ 乃木坂 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ