« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

チャオタイ 原宿店

原宿のチャオタイ
運動後、夜9時ぐらいにさまよって、ふと見つけて入った。
原宿で、大人でもゆっくり食事ができる店は満席率が高いが、ここは旨い食事屋がなさそうな場所と地下であることによるのか、すいていた。

Harajyukuthai07111

自家製腸詰。
なんかパサっとしていた。

Harajyukuthai07112

もやしと厚揚げの炒め。

Harajyukuthai07113

ソフトシェルクラブの料理がいくつかあるのがうれしいが、全体的にどの料理もすゆい。
グラスワインの種類がいくつかあり(我ながらタイ料理でワインかよとも思うが、ビールだけでは水腹になってしまう)、メニューも豊富で楽しいのだが、また行きたいと強く思うことはなかった。
ついでがある場所なので、また利用するとは思うけれども。

2007年11月28日 (水)

富麗華 昼食に上海蟹

フカヒレの姿煮を食べたいという人がいて、休日のお昼に富麗華へ。
自分はフカヒレに興味がないから、上海蟹でもいただこうかと。
店の作りやサービス的に落ち着くし、味が安定していて、人を連れて行くのにも安心。龍天門も考えたが、週末の昼はけっこう混んでいるから避けた。
富麗華も満席だったけど。

Fureika0711241

昼の北京ダックコースにフカヒレと上海蟹(オス、1人1杯)を追加。

まずはサクサク皮の豚、叉焼、肉厚くらげ、きゅうりをアミとあえたもの。

Fureika0711242

ニラの餃子、イカの餃子、ホロリとしたパイの中は甘い玉葱。

Fureika0711243

追加したフカヒレの姿煮。
6千円台と9千円台があって、これは安い方。

Fureika0711244

上海蟹と板春雨のスープ。
平たい幅広な春雨があるとは知らなかった。
黒酢の効いたスープなのに、上海蟹の味ががっつりと感じられる。強いなあ。

Fureika0711245

北京ダック。

Fureika0711246

追加の上海蟹(オス)。
前回よりも濃厚な気がする。

Fureika0711247

Fureika0711248

Fureika0711249

ホタテ貝の甘辛炒め。
さっくりと揚げてから炒めたもの。

Fureika07112410

軽く干した大根と空心菜の炒め。
さっぱりとした塩味が欲しかったところ。コースの流れがよい。

Fureika07112411

松の実のせ、中国醤油チャーハン。
真っ黒のチャーハンの旨味は細かく刻まれた中国ハムから。
富麗華のこのチャーハンは有名で、新宿伊勢丹のコーナーでも売られていたけど、食べたのは初めて。
これは旨いね。
今までこの店で食べたチャーハンの中で一番かも。

Fureika07112412

ピューレのような濃い舌触り、マンゴーの角切りも入り、ミルクなどは入らないマンゴープリン。
これまた美味。

2007年11月27日 (火)

東海亭

焼肉は突然に思い立って食べたくなったり、友達と会って、食事どうするかねえ > なんとなく焼肉、というのが多い。
そんな急な場合でもたいがい入れるのが、西麻布の東海亭。

Tokaitei0711

換気もしっかりされているし、きれいな店だから、会合でも使える。

Tokaitei07111

Tokaitei07112

Tokaitei07113

Tokaitei07114

ここは「特選」などが付かない普通の肉が旨いので、案外お得にあがる。
美味しい肉を食べたいといって選ぶ店ではないが、ちゃんと満足できる肉を当日予約、そこそこの値段で食べられるというのでたびたび利用。

2007年11月26日 (月)

モナリザ丸の内

この日のモナリザ丸の内店は年配の男性客が満載。
おじさま15人くらいの食事会も。近くで何かあったのでしょうか?

Mona0711201

ちょっと前のことで、中身を忘れたプチなシュー。
確かリエットとか、肉系。

Mona0711202

上の白いのはオレンジの泡。
下に人参のムース。中には人参自体もはいっている。

お皿は透明なものを2枚重ねて、間に紅葉した葉を入れて。

Mona0711203

そば粉のブリニと秋サーモンのマリネ、キャビア添え。

Mona0711204

友達が食べた手長海老のクルスティアン、野菜のマリネソースで。
ベトナムのネムのような揚げてパリパリの皮の中に、全体にかろうじて火が通っているトロリとした手長海老がいる。
この店はこういう微妙な火入れが本当に上手い。

Mona0711205

セップ茸のスープとホタテ貝のロースト。
スープの中にホタテ貝、上にもセップソテー。

Mona0711206

グラス白ワインをいただいたのだけど、これはちょっと酸味がありすぎて、セップのスープにはイマイチだった。

Mona0711207

シャラン産鴨胸肉のロースト、エピス風味、蜂蜜風味ソース。
この色。暗くて写真が汚いのが残念。
鴨と甘辛ソースは確実で完璧な組み合わせ。

Mona0711208

ピノ・ノワールをボトルで。

Mona0711209

チーズ(なんだったっけねえ)。

Mona07112010

これは初めて見た。食後酒のワゴン。

Mona07112011

梅酒とは珍しい。
梅をブランデーに漬け込んだものだそう。

Mona07112012

デザートは柿の上に黒胡椒のアイス。

Mona07112013

やっぱり旨い。直球フレンチ。

2007年11月23日 (金)

ウェルファンカフェ

念願の再訪、代々木上原のスペインバー、ウェルファンカフェ

Whe0711221_2

シェリーの種類がやたらに多く、ポルトも豊富。
カウンター中心の店内は瓶でいっぱい。

Whe0711222_3

食べ放題のオイル漬けオリーブ。
シンプルなのと、ニンニク入りと。
オリーブを取ったときに皿についたオイルを舐め取ったパンが、また旨い。

Whe0711223_3

着いたばかりでのどが渇いている。
軽やかなさっぱりしたフィノをお願いし、出てきたのはペドロ・ドメックのラ・イナ。

シェリーは全くの門外漢で、お店の人にまかせっきり。
グラスで色々と出してもらったが、味の違いを表現するのも難しい。
ご一緒した友人は詳しいので、その人に習ってテイスティング気分を味わう。
精通したお店の人と色々お話して、シェリーのお勉強をさせていただきたかったのだが、この日は盛況でそうもいかず。残念。

Whe0711224_2

ヴァルデスピノのマンサニーリャ、デリシオーサは青りんごのよう。

Whe0711225_2

ソパ・デ・アホ。
出汁がよく取ってありニンニクが香ばしい。寒い季節にはもってこい。

Whe0711226_2

なぜかブラッスリー・ベック(仲がよく、パンも焼いてもらっているそう)の皿にのった、海老のガーリックオイル炒め。
細かく刻まれたガーリックとたっぷりのオイルをパンに浸して食べる。

Whe0711227_2

同じくマンサニーリャ。
イホス・デ・ライネラ・ペレス・マリンのラ・ギータ。

Whe0711228_2

エミリオ・ルスタウのフィノ、ハラナ。

Whe0711229_2

プロヴォローネのソテー。

Whe07112210_2

ハモン・イベリコ・ベリョータ。

Whe07112211_2

ちょっと濃いものをとお願いして、辛口でアルコール度も高めという、レイ・フェルナンド・デ・カスティーリャのアモンティリャード。

Whe07112212_2

こちらは甘めのアモンティリャード。
マルケス・デル・レアル・テソロのデル・プリンシペ。

Whe07112213_2

この日、スペインから帰国したばかりのお店の人が作ったパエリャ。
さすがに勢いが現地っぽい。

Whe07112214_2

1人1人前ずつたっぷりといただく。
アルデンテぎみの米1粒1粒に、濃い味が染み込んでいて、旨い。
べちゃっとせず、しっとりパラリとパエリャを作るのはかなり難しいと思うのだが、どうやってこんなに上手に作るのか?

Whe07112215_2

魚介のパエリャなので、さっぱりした微発砲のワインをいただく。
ポルトガルのヴィニャ・ヴェルデ。

Whe07112216_2

おこげもあるよ。

Whe07112217_2

最後は自家製サングリア。
ここのはジンが入っていて、アルコールが強いからデザート兼食後酒になる。
浮いているのはジンが染み込んだリンゴ。これだけ食べても酔う。

2人で16,700円くらい。腹いっぱいで好きに飲んだ。
またしても私の電車の都合でそそくさと終了となったが、時間があれば、こっくりと黒いペドロ・ヒメネスもいきたかった。

どこかで食べた後に一杯やりにくる人たちがほとんどで、遅い時間ほど混む。
近くに住んでいたら、そういう使い方ができるのに。

2007年11月22日 (木)

ラ・シャッス

六本木の住宅街にまぎれてあるジビエの穴倉、ラ・シャッス
シェフのブログをチェックして、猟の成果を確認してから訪問。

蝋燭型の電気ではなく、本当の蝋燭の明かりで薄暗い店内には…

Lacha0711192

こんな子や

Lacha0711193

こんなのがそこかしこに。
生々しい皮なんかも壁にかけられていて、猟師の山小屋レストランの風情。
外れとはいえ、六本木によくもまあこんな店を作ったものだ。
かなり凝っている。

Lacha0711191

以下、真っ暗写真。

Lacha0711194

前菜。
手書きのメニューはどれも魅力的で、結局、盛り合わせていただいた。

Lacha0711195

昨年シェフが下田で仕留めた仔イノシシの生ハムや、同じく昨年シェフが北海道で仕留めた蝦夷鹿の生ハム、ボーフォールシャレアルパージュチーズのアンサンブル、アジャン産プラムの赤ワイン漬け、函館で仕留めたオオガモ(メス)のバロティーヌも。

Lacha0711196

自家製パンやエシレバターは別料金。

下の料理は2つに分けてもらったところ。

Lacha0711197

御殿場で仕留めた野ウサギ背肉のロースト(4,200円)。
トランペットやジロールなどのキノコと。

野ウサギをローストでいただいたのは初めてだったのだけど、赤身であるのにびっくり。
まるでヨーロッパの牛肉の赤身のよう。
ブロイラーウサギは鶏肉のような白身なのに、こんなにも違うのか。
香りは脂臭さよりもスパイシーさが勝り、飲み込む寸前まで旨い。
茸たちとの組み合わせで、山の中にいるのかと錯覚する。

Lacha0711198

野ウサギのブイヨンをデミタスでサービス。
個人的な感想は「すっぽんと似ている」。
鋭角で濃厚な旨味なのに、脂の重さがない。

Lacha0711199

ワインはグラスで。
こちらは赤。

Lacha07111910

真っ黒な塊は、鳥取産仔イノシシバラ肉の3種ビネガー煮込み。
すんなりとフォークで切れるほど柔らかく煮込まれたイノシシは、それでも味を奪われておらず、肉自体の味も楽しめる。バルサミコなど熟成された酢のソース。

と、ここで、「足りない」と思い、メインを追加。
だって、ジビエは脂があっさりしているので、胃をべったりと重くすることがないんだもの。

Lacha07111911

レントゲンのような写真は、御殿場のそば畑で仕留めた山葡萄のロースト、山葡萄のソース。
左上は頭のかち割りで、脳みそをいただく。
右は色々な内臓のコロッケだけど、こちらより、むしろ肉のほうがクセがある。
山葡萄もシェフが摘んできたものだそう。

今年は秋が暖かく、ジビエの脂のノリは遅いとのこと。
鳩も、あと半月くらいすると、よりそばの実をたくさん食べて、美味しくなると。
シェフは電話の予約の時は愛想がなく感じたが、実際に会って聞くと色々と教えてくれ、親切。
狩りをする人ならではの情報が面白い。

Lacha07111912

北海道、千両梨のコンポート、黒糖アイス添え。
友達はクレームブリュレ、バニラアイス添え。

グラスワイン5、6杯とお茶を含め、2人で34,000円。
グラスだと種類を選べないのが残念だった。

こだわりがひしひしと伝わってきて、ジビエ好きなら相当盛り上がる。
脂がのった頃にまた来たいものだ。

2007年11月19日 (月)

ボジョレー・ヌーヴォー 2007

Vino0711191

去年飲んで美味しかったフレデリック・コサールのをたまたま見つけた。
ボジョレー・ヴィラージュのヌーヴォー。
今年のはちょっと水っぽい。

Vino0711192

スペインのホセ・パラシオス、ペタロス・デル・ビエルソ 2005。

Vino0711193

コート・デュ・ローヌ、エステザルグのレ・ゼール 2004。

Vino0711112

ロベール・シュルグのブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2005。

Vino0711194

ル・クルーゼの料理本の一つに載っていた豚のポットローストが簡単で旨い。
特に冬にヘビロテ。

2007年11月16日 (金)

ラトリエでわがまま三昧

すえとみですっぽんの後、あまりに盛り上がりすぎ、洋な一杯と甘モノも欲しいなあと近くのラトリエへ。
閉店間際に迷惑な客でしたね。

まずはシャンパンをいただき、その後、チーズとワインを合わせて、4人だから4種ずつ。

Lat0711145

以下、右から…

Lat0711141

ポルト。
フォンセカ・ギマラエンスのLate Bottled Vintage 2000。

Lat0711142

モレ・サン・ドニ、ジョルジュ・リニエのクロ・サン・ドニ 2004。
お香のようなスモーキーさ。

Lat0711143

イタリアの白。
イエルマンのピノ・クリージョ。
ボトルがかわいい。

Lat0711144

ラングドックのシャトー・マリス。

Lat0711146

同じ並びで合わせるチーズ。
右から、ブルー、エポワス、コンテ、モンドール。
エポワスが秀逸。丸ごと欲しい。
熟成長めのコンテも深い。

こちらのチーズトレー、種類が少ないと言ったら、「その分、状態は本当に良いんです」と。
確かに。

Lat0711147

デザートはスフレにピスタチオのアイス。

Lat0711148

熱々の真ん中をくり抜き、アイスをいれ、くり抜いた部分でフタをしてとろけたところを一緒にいただくそうな。

Lat0711149

この日のスフレの焼き加減は完璧。

Lat07111410

フロマージュ・ブランとベリー。
詩的に美しい。

Lat07111413

カリカリしたものが加わると、全体が引き締まる。

Lat07111412

前回いただいた栗の一品も。

私の電車の時間のため、お茶は出来ず、さらにシャンパンに戻ったところであわただしく解散。
失礼いたしました。

2007年11月15日 (木)

すえとみですっぽん

すえとみの特別コース。すっぽんづくし。
これはいただかねばなるまい。

Suetomisuppon07111

Suetomisuppon07112

生姜のあんを上にはったすっぽん出汁茶碗蒸し。
すっぽんの味の主張は強く、身が入らなくても存在がわかる。

Suetomisuppon07113

秋ですね。

Suetomisuppon07114

舞茸と何か(忘れた)の白和え。

Suetomisuppon07115

ナマコ酢。柔らかいナマコ。

Suetomisuppon07116

ぎんなん、むかご、甘い胡桃、カゴは昆布でパリパリと食べられる。
奥は牡蠣、手前はカラスミ。

Suetomisuppon07117

Suetomisuppon07118

内臓もろもろ。
小腸、レバー、ハツと卵。
レバーは鶏よりもあっさり。
卵は全て黄身な感じ。

Suetomisuppon07119

すっぽんの身を焼いている。

Suetomisuppon071110

炭火でこんがりと焼かれたすっぽん。
鍋や揚げたのは食べたことがあるが、焼いたのは初めて。

Suetomisuppon071111

これが目からうろこがボロボロ落ちるほどにすっぽんの身自体の旨さを見せ付けてくれた。
「焼き鳥が食べられなくなりますよ」というのは言い得ている。
味は鶏肉に近いが、より濃く、しかし脂のキレはよい。たたみ掛けるようでどこまでも舌に深くしみこむ。
出汁に注目されることが多いすっぽんだが、身もこんなにも旨いのか。

この日のすっぽんにも、すえとみさんの素材マニアぶりが存分に生かされている。
白身の魚だけを食べさせて養殖(すっぽんは養殖のほうがよいらしい)したすっぽんだそうな。

Suetomisuppon071112

炙られた皮と脂肪。
肉に比べてさらっとはしているが、やはり脂部分なので、塩とライムでいただく。

Suetomisuppon071113

Suetomisuppon071114

Suetomisuppon071115

エンペラと蕪をすっぽんの出汁で煮たもの。柚子の風味。

Suetomisuppon071116

ぶりんぶりんの脚は炭火で焼いたネギと一緒に。

Suetomisuppon071117

ぐつぐつと煮立つ鍋からよそられる。

Suetomisuppon071118

やはり雑炊でしょう。
このスープの黄金の輝き。濃厚さを表す脂の模様。
身体のすみずみまでじんわりと美味さが伝わる。

Suetomisuppon071119

おなじみ蓮根餅。

Suetomisuppon071120

ラフランス。

本当にすっぽんを満喫させてもらった。
すっぽんを食べるときは自ずとすっぽんコースになるから、今までも他の店でづくしを食べてきたのだが、ここまで徹頭徹尾食べた気持ちになったのは初めて。
なのに、組み合わせや調理法によって味が微妙に異なり、全ての皿で毎回驚き、うなり、感じ入った。
本日の1皿を挙げるなら、やはり炭火焼。

いつもの倍くらいの金額になるのだが、もうけたとさえ思う。
通常のコースでも毎回感動しているので、値段の分だけ満足できるかが実はちょっと心配だったのだ。「美味しいけど、いつものでいいかな」という感想になるかなと。
でも結局、これに味をしめて、また特別な企画があるときは、必ずいただこうということで同行者全員の意見が一致した。

2007年11月14日 (水)

エッセンス

表参道でランチ。
おすすめがあり、中華のエッセンスに。
化学調味料を使っていないとか。

Essence1

これで1,050円とは、お得。
五穀(?)粥と本日のおかず、汁なし坦々麺。

Essence2

まず甘味、それから山椒の舌にびりびりくる辛さ。
なんだかクセになる。

2007年11月13日 (火)

ナプレ 東京ミッドタウン

近くで用事があり、21:30頃、友達と「お腹がすいたねえ」と東京ミッドタウンに来てみた。
特に目的の店があったわけでなく、何かあるでしょうと。
リクエストは「ワインが飲みたい」。
で、1階のナプレに突入。

Naple07111

天井が高く広い店内はちょっとナポリのよくあるピッツェリア風で、白い壁のシンプルな内装。テラス席もある。

Naple07112

ワインは白でヴェルメンティーノ。
サルディーニャのパーラ、クラビリス。
4,800円。

Naple07113

芝海老、ヤリイカ、ズッキーニ、パプリカのフリット。
2,200円。

Naple07114

トマトソース、水牛のモッツァレラ、フレッシュトマト、バジリコのピッツァ。
2,700円。
イタリアの普通の店で食べるよりナポリの正統派に近いと思う。

Naple07115

ただ、小麦が若干香りきっていない気がする。
これは気候的なもので、香りが散らないのか、または小麦粉の違いなのか。

Naple07116

自家製のサルシッチャとポテトのオーブン焼き。
セージとローズマリー。
2,400円。

Naple07117

デザートはババとトルタ・カプレーゼ(ナッツ入りチョコレートケーキ)。
1,200円。

やっぱり、こういう気楽なイタリア料理は、思い立ったそのときに来るのがイイんだよ。
食べたいものを、まさにそのタイミングで食べられると、より旨いと感じる。
この日のミッドタウン店のピッツァは特に美味しく感じたが、それはそんな気分的なものもあるのかもしれない。

2人で15,900円。
夜のナプレのくつろいで旨いものをたらふく食べようという雰囲気が好き。昼のパスタとかピッツァのコースはあんまりだけど。

2007年11月12日 (月)

アッピア 2号店

業界人御用達で知られる日本式イタリア料理の高級店アッピアの2号店、アルタ・アッピア。
場所は西麻布4丁目。Bingoの近くで、元まっくろう。

この日はすっかりご馳走になりました。

Appia07111

1号店よりも明るく、爽やか。

Appia07112

ここといえば、な前菜ワゴン。

Appia07113

Appia07114

あん肝。

Appia07115

右はサザエ、肝とバターのソースで。

Appia07116

これが本日で一番美味しかった。
ちょっとエスカルゴ風でもあり。
貝を食べた後のソースにパンを浸して食べるのが特に美味。

Appia07117

本日の食材がずらりとお目見え。

Appia07118

白舞茸とホウレン草のオイルソーススパゲッティ。

Appia07119

こちらのメインはホウボウ。

Appia071110

仔鹿のグリル。

Appia071111

クセのない味わい。バターを加えた肉汁が、昔ながらのステーキっぽく、どこか懐かしい味。
ここの料理はどれも、イタリアの現地風というよりは、昔、親に連れられて食べた洋食を思い出させる。
年配のお客さんが多いのも納得。

Appia071112

おおっ! このバルサミコ、以前に友達からお土産でもらって、とろりとした柔らかさと風味の重層感が印象深く、また欲しいと思っていたもの。ここで再会するとは。

Appia071113

ワインはアルド・コンテルノのバルベーラ・ダルバ。

Appia071114

デザートワゴン。

Appia071115

栗のミルクレープとチーズケーキ。

Appia071116

自家製リモンチェッロとオレンジチェッロ。

店全体が醸し出す安心感。

2007年11月 9日 (金)

リストランテ・フィオレンツァ

Fiorenza0710021

京橋にココ・ゴローゾのシェフがオープンしたお店、リストランテ・フィオレンツァ
行った日にはご本人がいた。

ココ・ゴローゾ、良いという噂を信用する人から聞いていて、行ってみたいなあと思っていたのです。

写真を撮っていないのだけど、料理は店名通り、フィレンツェを中心としたトスカーナの山側を思わせる、ほっこりとした料理で、まさに今の季節に最適だった。煮込みなどの身体にしみる滋味が特に美味しい。
セコンドは肉料理のみ。パスタも重めのもののほうが満足度が高かった。

Fiorenza0710022

食後酒色々。
手前のは有名なグラッパの人が絵だけ提供した甘い発泡性ワイン。
手書きではない。

カモミールのリキュールとグラッパを合わせた、まんまカモミールなお酒が面白かった。ラベルもかわいい。

こちらのソムリエさんも素晴らしく、お値段控えめで色々と条件を出しても、それに合うものを3種類ぐらい持ってきてくれる。そして、ちゃんと飲みつけている人の口上。
持ってきたうちでより高いもの、そして予算を超えるものを強力に薦めるという人はままいるが、そんなことはしない良心的なソムリエさんだった。

Fiorenza0710023

Fiorenza0710024

Fiorenza0710025

さらに飲む。
グラッパも色々。

シェフの好みがはっきりしている感じが逆に使いやすい。
「この店だから、こういうものを食べさせてくれるだろうなあ」と口と胃袋が待ちの状態で来ても、裏切られることはなさそうだ。

2007年11月 8日 (木)

伊勢丹 キッチン・ステージ

伊勢丹に行ったら、地下食料品売り場のキッチン・ステージがカノビアーノだった。
植竹シェフが愛想よく呼び込みをしている。
昼の早めの時間だったので、すぐに座れた。

Isetan1

パスタかリゾットに、同じメインが付いてくる2,100円のワンプレートのみ。
レシピがもらえて、使った素材が食料品売り場のどこで購入できるかも書いてある。

Isetan2

オープンキッチン。
もちろん、植竹シェフが自ら料理をするわけではない。

Isetan3

海老と九条ねぎ、京水菜のスパゲッティーニ。
奥は豚スペアリブとキャベツの煮込み。

Isetan4

こちらは真イカと聖護院大根、菊菜のリゾット。
メインは同じ。

パスタもリゾットも、粉末のあさりだしが使われていた。これは便利そう。

量もそれほどでもなく(昼には丁度よいと思うが)、食後の飲み物もないので、2,100円はちょっと割高かも。
シェフのサービス精神には驚いたが、スタッフが「サインをもらった方がよいですよっ」と言うのは意味がわからなかった。本人を目の前に「別にいりません」とも言えず、もらったけど。何に役立つのか?

2007年11月 7日 (水)

ラトリエで栗のスープ

去年、友達がこの時期に食べていて美味しかった栗のスープ。
後日に頼んだら、レシピが変わっていて、ベーコンが入り、好きな味ではなくなっていた。
聞くところによると、ロブション氏が来て、変えてしまったらしい。
個人的に、ベーコンを味付け的に使われるの、嫌いなんだよね。
友達が食べたのはラトリエの飯塚シェフのレシピの方。
で、また変えられてしまう前に栗のスープを味わいに、六本木ラトリエ。

Lat07111

Lat07112

グラスのシャンパンはブルーノ・パイヤールのマグナムボトル。

Lat07113

前にもいただいた、上の白いのがトマトを漉した汁の泡。
下はパプリカのクリーム。

Lat07114

ハモン・イベリコ。

Lat07115

ワインはグラスで。
次の料理は秋刀魚。合わせるのは難しい。
やってきたのはドメーヌ・ユエのヴーヴレー、ル・オー・リュー。
セックだから、甘め。

Lat07116

秋刀魚をトマトフォンデュと共にタルト仕立てに、生姜とレモンの風味で。
手前1本線はバルサミコソース。

これは1皿を2皿に分けてもらった量。本当はもっと長い。

Lat07117

しっとり感を残して火を通した秋刀魚、ざくざくトマトソース、薄くパリっとしたパイ生地。

Lat07118

トマトの甘さとパイのバターで秋刀魚の臭みが消えて、ワインとぴったり合う。
ほんのり生姜とレモンの酸味。
試しに秋刀魚だけを口に入れてみたら、普通に魚臭。で、ワインともダメ。
組み合わせの威力だ。

Lat07119

さあ、念願の飯塚シェフレシピの栗のなめらかなスープ、フォアグラのソテーと共に、セロリの香りで。

Lat071110

トリュフは香るけどむせ返るほどではない。
上の緑はセロリの葉。

Lat071111

栗のほっこりした甘味にうっとり。
フォアグラも濃すぎず。
やはりこれでしょう。

Lat071112

こちらでたびたび登場する、ルスコ・リアス・バイシャス。
魚系の味に合わせられる甘さと酸で、使えるワイン。
家に置いておこうかと。

Lat071113

野菜をアンチョビのソースで。

Lat071114

メインは鶏。

Lat071115

茸と胸肉をたたいたものを胸肉に付けたもの。
コクと旨味が追加されていた。

Lat071119

レタスの下には3種類の茸が隠れていました。

Lat071116

こちらはカエル。
衣をまとったグルヌイユ、ガーリックピュレとパセリクーリーを添えて。

Lat071129

エスカルゴバターを塗って、衣をつけて揚げてある。

Lat071117

いかにもカリフォルニアらしいピノ・ノワールは鶏に。
マリマー・トーレスの。

Lat071118

カエルにはジョルジュ・リニエのモレ・サン・ドニ。

Lat071120

季節なので、モンドール。
シェーブルも。

Lat071121

Frederic Mabileauとボジョレー・ヴィラージュ。

Lat071122

お口直し。
緑はバジルのソルベ。

Lat071123

デザートも栗で。
手前はアールグレーのアイス、パリパリ(キャラメルっぽくもあり)、下はチョコレートのアイスだったかクリームだったか…。

Lat071124

栗のクリームも一緒に。

Lat071125

奥は栗の飴がけ。
マロングラッセは美味しいのだけど、プレ・カトランの緑飴玉以来のトラウマで飴モノは苦手。

Lat071126

ペドロ・ヒメネスも。

Lat071127

こっくりと黒蜜のような液体をロックで。
旨い。ロックいいね。

Lat071128

お茶菓子も。

安い店ではないが、払った以上に楽しませてもらうので、痛くない。

2007年11月 5日 (月)

オ・デリス・ド・本郷

以前に1階のカフェで軽飯は何度かしていて、印象もよく、ただ、近所に住んでいた友達が引っ越してしまったために足が遠のいていたオ・デリス・ド・本郷
こちらの美しい写真を見て、2階のレストランにも行ってみたいなあと常々思っていたのでした。
東京西側在住の皆様は、なかなか本郷まで足を運ばないし…。
で、やっと実現。

Hongo07111

7,800円の季節のコースをいただくことにする。

Hongo07112

Hongo07113

シャンパンはシャノワーヌ・プルミエ・クリュ。
樽香、ナッティーでいかにも黒葡萄。

Hongo07114

Hongo07115

Hongo07116

なめらかなキッシュ。
上に乗っているのはチーズの細いパイ。これも焼きたてで美味しい。

Hongo07117

百合根、小松菜、ベーコン入り。

Hongo07118

カリフラワーとズワイ蟹。
カリフラワーのクリームと蟹のジュレ、蟹の身。ハーブたくさん。

Hongo07119

これ、上にちょろりとたらされたカレーオイルが強力すぎて、他の味をぼかしてしまい、もったいない。
カレーオイルがない方が好きだ。

Hongo071110

次はフォアグラですからとオススメされたのはドメーヌ・ヴァインバックのゲヴェルツトラミネール。
貴腐ワインのような甘さがフォアグラと好相性。

Hongo071111

フランスヴァンデ産フォアグラとほろほろ鶏。

Hongo071112

自家製干し葡萄と秋トリュフ添え。
自家製パン・ド・カンパーニュも。
秋トリュフ、香らないなあ。

Hongo071113

ポートとマディラの入ったコンソメゼリーとフォアグラが層になっている。

Hongo071114

真空調理されたほろほろ鶏が香り高くて、この1皿の主役と勝手に決定。
このナッツの風味はヘーゼルナッツオイルでしょうか?

Hongo071115

次の料理に合わせてのオススメはジョセフ・ドルーアン、コート・ドゥ・ボーヌの白。
ちょっとミネラル過ぎたかな。
もう少しド黄色な白のほうが合ったかも。

Hongo071116

色とりどりの有機無農薬野菜と手長海老の温製。
貝のクリームソース。
野菜はソテーしたり、揚げたりと違った料理法で、もともとしっかりとした味がするのに、さらに個性を感じさせてくれる。

Hongo071117

半生ではなく、ほぼ生な手長海老。
小さい伊勢海老くらいの大きさは静岡県の沖の方でとれたものだそう。
トロリと甘い。
ここでも本当に残念なことに、カレー粉が…。
海老とカレーって、フレンチで定番な組み合わせだと思うのだけど、この手長海老には臭みが全く感じられないので、カレー粉は邪魔かと。

Hongo071118

メインはその日の料理から。
フランス産仔鳩の内臓・血・赤ワインソース。
カボチャのピューレ添え。
しまった肉と野生味をダイレクトに感じる。

Hongo071119

熊本産猪のコンフィー。
薄切りジャガイモと、各種茸。

Hongo0711120

カリッカリに焼かれた皮が、たっぷりの脂を美味しく食べさせ、重さを和らげる。
猪自体は臭わない。

Hongo0711121

メインに合わされたのは、鳩には鳩のマークのボルドー、シャトー・サント・コロンブ。
猪にはジョセフ・ロティーのブルゴーニュ。
どちらもぴったり。

Hongo0711122

お口直しは北海道のフロマージュブランと天然山葡萄のソース。

Hongo0711123

デザートは栗のクレープ、メープルシロップアイス、あんぽ柿、チョコソースで。
クレープの中には甘く煮た栗と、栗クリーム、クレーム・ドゥーブル。

Hongo0711124

お茶菓子はフランボワーズのマカロンと杏のゼリー。
杏のがまんま杏で美味しかった。

ワインはグラスで、1人14,500円くらい。相当お得。
塩がしっかりとした、伝統的なフランス料理。シェフが10年くらい前にフランスで味わった料理をイメージしているそう。
イマドキの軽いフレンチで物足りなく感じたときに、本郷まで来る価値はある。
場所柄、家族利用も多いので、ジビエなどもあまり濃ゆいのは出さないそう。
でも、ここのシェフにはがっつりと臭みのあるジビエを料理してもらいたい。
こだわった素材選びがされていて、話を聞くのも楽しかった。
寒いうちにまた来たい。

2007年11月 4日 (日)

ファロ資生堂

尋常じゃなくグルメなご夫婦の主催により、東京銀座資生堂ビルの1室にて、FARO資生堂のお食事会。

Faro07111

これだけ素晴らしいスペースなのに、友人の家に招かれたような居心地のよさを感じさせる。

Faro07112

まずは、三陸産牡蠣のゼリー寄せ、ほのかなスパイスとクレソンのクリーム。
ゼリー、クリーム、牡蠣のみずみずしい組み合わせは、レストランならではの味覚。

Faro0711vino1

まずはアンリオ、NV Blanc souverin pur chardonnay。

Faro07113

ここのパンがまた、美味しくって。
特に手前の丸い、サツマイモのパン。
そのままでも、ソースをつけてもよしで、ばくばく食べてしまう。

Faro07114

フォアグラのコンフィ、ポートワイン風味、ブリオッシュ添え。

Faro0711vino2

フォアグラにはトンマーゾ・ブッソーラのパッシート。
Passito del Veneto Pegna T.B 1997。
爽やかな甘さで、舌にベタっと残る感じがない。

Faro07115

ボリーさんセレクトのフォアグラは吸い付くようにしっとりとなめらか。

Faro07116

これが、この日の裏メインディッシュと言ってもよいかもしれない、資生堂パーラーコロッケ。

Faro07117

個人的にはこの蟹クリームコロッケの旨さにやられました。
これはもう、説明ができるものではない。

Faro07118

ゼラチン満載のコロッケも。

添えられたパセリが揚げてあり、香りがさらに凝縮されていた。

Faro0711vino3

コロッケに合わせられたのが、オペレのNV Opere Brut Rose。
ロゼの発砲性ワインなのだけど、目をつぶって飲んだら、白の薄い緑がかったのかと思うほどひたすら辛い。

Faro07119

ポルチーニ茸のタリオリーニと白トリュフのリゾット。

Faro071110

やはり、トリュフとは白なのです。
まろみのある、でも強烈な芳香。
もちろんアルバ産。
今年は少ないらしく、早めにたっぷりと味合わないとなくなっちゃう恐れありと。
リゾットはイタリアのお米でちゃんとアルデンテ。

Faro071111

白トリュフ様。

Faro071112

ポルチーニにもうっとりですが、やはり白トリュフで恍惚となった後では脇役なのね。

Faro0711vino4

イタリア2大食材に合わせるのは、やはりバローロ。
カブットのBarolo Vigne la Volta 2001。
まけない香り高さ。

Faro071113

メイン登場。
ブレス産プーレロティ、香り豊かなソースと共に。

Faro071114

この会のために、これが3つも用意されていました。

Faro071115

黄味を帯びた脂の濃厚さは鶏の素晴らしさを再確認させてくれる。
甘辛いソース(何だったっけねえ?)が肉を下から盛り上げて、決してでしゃばらないが完璧な仕事をする。これをサツマイモのパンにつけて食べるのがまた、2度目の喜び。

Faro0711vino5

メインに合わせられるワインは変わった容器で。

Faro0711vino6

でた、サッシカイア。
テヌータ・サン・ジュストのSassicaia 1998。
バローロの後でも「うわっ…、旨い!」と言わせる。

Faro071116

デザートはモンテビアンコ、メレンゲのサブレとイチヂクのコンフィ。

Faro0711vino7

デザートには葡萄凝縮な赤ワイン。
プーリアのマンドゥーリア、Primitivo di Manduria Dolce Naturale Il Mandrigale 2004。

Faro071117

プチじゃないデザートが山盛りで。
ティラミス、リンゴのタルト、ガトーショコラ、パンナコッタ、クレームブリュレ。
どれもイタリア料理店では珍しく、単品で販売できるほどに完成度が高い。
特に焦がした上の部分が薄いのにシャリっとし、バニラビーンズがこれでもかと使われたクレームブリュレが印象深かった。

Faro071118

こちらがお茶菓子。

Faro071119

いただいたワインがずらり。

このお食事会の全ては主催のご夫婦の人徳と飽食の賜物。
ぜひまたお願いします。本当に。

だれかが言っていた「ファロはイタリア料理でなく、パスタのあるフランス料理屋」というのはまさにです。
国籍に関係なく旨いものを食べさせてくれる店。熟成された素晴らしいサービスと美味しさは保障されている。この建物自体がお客さんをウキウキさせるしね。
いつまでもあってほしい店。

そうそう。
胃袋がブラックホール化した皆様は、この後、別の味覚を求めて、夜の街へと消えてゆかれました…。
終電を気にしなければいけなかった自分が恨めしい。
お寿司食べたかったなあ。

2007年11月 2日 (金)

アッキアーノ

久しぶりにグットドール系パスタが食べたいなあと思い、西麻布のグットドール・アッキアーノでランチ。

Acchiano0711021

自家製胡麻のフォカッチャ。
これももっちりして、美味しいんだよね。

いつもは、サラダとパスタ(たくさんあるメニューの中から選ぶ)、コーヒーのランチコースにするのだけど、ちょっとがっつり行きたい気分で、3,990円のコースにする。

Acchiano0711022

前菜3種盛り合わせ。
田舎風ミネストローネ、魚介マリネ、自家製レバーパテとピクルス。

盛り合わせというから、冷たいスパニッシュオムレツとか、ブロッコリーを茹でてニンニクで炒めたものとかなんだろうなと期待していなかったのだけど、ちゃんとそれぞれが美味しい。

Acchiano0711029

しっとりとしてレバーの香りも残るパテ、絶妙な甘酸っぱさのピクルス。
ほとんど生の新鮮な魚介のマリネや、オリーブオイルが香るミネストローネ。

Acchiano0711023

パスタは2人でそれぞれに頼んだら、両方を2皿に分けて順々に出してくれた。
これは、北海道産生ウニをたっぷりつかったちょいトマピリ辛スパゲティ(+840円)。
ウニが贅沢に使われてしっかりとウニ味なんだけど、トマトと唐辛子で口飽きさせず、ウニの美味しいところ取り。

Acchiano0711024

お皿に残ったウニソースをふき取る用に出してくれたのは、じゃこのフォカッチャ。
胡麻じゃなんだか合わないからね。気がきいている。

Acchiano0711025

次はホワイトアスパラと活ダコ、からすみのスパゲッティーニ(+315円)。

コリっ、クニャっとしたタコ、フレッシュな歯ごたえを残したアスパラ、からすみのコク。

Acchiano0711026

鯛のアクアパッツァ。

コースのお魚は鯛の別の料理かミラノ風カツレツだったのだけど、2人して鯛を頼んだら、夜用メニューのアクアパッツァにアレンジしてくれた。

Acchiano0711027

あさり、もずく(!!)、黒マテ貝、そして鯛からの出汁は漁師料理のような磯の滋味。
汁もスープのようにいただく。

Acchiano0711028

デザートも3種の盛り合わせで。
カボチャのホクホクした感触そのままのカボチャプリン、ガンジー牛乳のパンナコッタ風にフルーツを合わせたもの、ティラミス。
これまた3種全てが旨い。

お店の人たちも揃って感じがよく、機敏。
追加料金があって、1人4,500円くらいはお得に感じる内容だった。
やっぱりイイ店だなあと。

やまとみ

代々木上原の麦とろが屋やまとみ

Yamaimo1

「麦とろねえ…」と思っていたのだけど、お通しの山芋すりおろしを食べて、その密度と粘度に仰天。
どうやら、伊勢芋という種類らしい。
山芋にも色々な種類があるのね。

Yamaimo2

山芋の磯部揚げ。
シンプルながら、山芋の味がしっかり。

Yamaimo3

天ぷらは1種類1つという寂しさ。
くんにゃりして、これはイマイチだし、1,200円(だったような)は高い。

Yamaimo4

鰯つみれ鍋。食べ応えあり。

Yamaimo5

麦とろご飯。
夜は居酒屋として来ている人と、これだけを食べてサクっと帰るお1人ご飯利用の人と、両方いる。

Yamaimo6

自家製の肉の煮凝りのようなもの。
すごいコラーゲンだけど、美味しく食べられるのは1切れが限界の濃さ。

ここは、山芋に集中するのがよさそう。

2007年11月 1日 (木)

HIGASHIYA man

表参道の交差点のちょっと根津美術館寄り、デ・プレのブティックがある向いあたりに新しく出来ていたオシャレ和菓子屋、HIGASHIYA man

Wagashi1

店自体も品良くイマドキ和テイストで素敵。
こういう袋に入れてくれるので、お使い物に良いかと。
表参道といえば、和系土産はいつも小さいたい焼き君だったから、目先が変わってうれしい。

Wagashi2

Wagashi3

南京時雨というお菓子は1つ200円台。

Wagashi4

中は南京あんです。

細長いモナカとか、生姜やゴボウなどの落雁などもあり。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ