« プロカンジャンケジャン | トップページ | 薬泉 ヤッチョン »

2007年12月26日 (水)

宮宴 クンヨン

宮廷料理というのも食べてみたいと、「チャングムの誓い」とかいうドラマ(?)の料理監督をしている人の店、宮宴に。

Kyutei1

なんだかわからないので、金額的に中間のチャングムコース(76,000ウォン)にした。

Kyutei2

まずはかわきもの。
生の栗や飴がけの胡桃、銀杏、松の実の入った干し柿、海苔。

Kyutei3

牛乳粥はすり潰してあり、ピューレ状。
奥は牛肉出汁のスープ。

Kyutei4

細切りにしたスケトウダラの皮とリンゴ、柿、梨などの和え物。

Kyutei5

筍、もやしなどを柿ソースで合える。

Kyutei6

合えたもの。

Kyutei7

白菜で餃子の中身を包んだもの。

Kyutei8

宮廷風チヂミ。
ズッキーニ、牡蠣、玉葱の。

Kyutei9

白菜の白キムチ。
ざくろがのっている。

Kyutei10

写真を撮る前に食べちゃったけど、ジンセンのから揚げもあった。
ジンセンはさすがに苦い。
白身魚と牛肉の串焼きはカラッカラになるまで完全に焼かれている。

Kyutei11

甘いタレの豚は叉焼のような感じ。
甘く煮たジンセン(それでも苦い)や揚げた豆腐、棗、ぎんなんなどと一緒に熱々の器で。

エゴマやセリなどのサラダも。

Kyutei12

炭水化物は2つから選べる。

これは温麺。かなり柔らかく茹でられた素麺。
牛肉とニボシの出汁。

Kyutei13

他にはアワビ粥。
付いてくるキムチ類が違う。

Kyutei14

宮廷韓菓と餅。
よもぎ餅を白あんで挟んだもの、ぎっしりしたドーナツのようなもの、小麦粉を練って揚げて飴がけしたもの、ジンセンの砂糖がけ(やっぱり苦い)。

Kyutei15

冷たい柚子茶。
砕いた氷入り。寒いよ。室内の暖房の効きがイマイチなのに。

まあ、試しに食べてみたって感じで。
これでもう、次回ソウルに来るときに宮廷料理は心置きなくスキップできる。
一度も「わー、コレ美味しいね」とはならなかった。
辛いのが苦手な人は好きみたいだけど、私には平坦すぎる。

« プロカンジャンケジャン | トップページ | 薬泉 ヤッチョン »

2007年冬 ソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ