« グランビア 赤坂 | トップページ | カーサヴィニタリア »

2007年12月17日 (月)

サルキッチン

代々木公園ル・ボヌールを教えてくれた人のオススメなサルキッチン
場所は東中野。
地図をプリントして、タクシーでどうにか到着。

Saru07121

15人も入ればいっぱいになる手作り感あふれる店内。
居心地のよい柔らかさがある。手書きのメニューの字もアート。

Saru07122

コースもあるが、アラカルトで。
4人だったので、1つの料理につき3人前を頼んで(2人前もある)、事前に分けて出してもらう。

Saru07123

パンも自家製。

Saru07124

グラスで泡をいただいた後、ブルゴーニュのマレシャル、シャルドネ 2004。
蜜っぽさがある力強さでもベタっと甘くはなく、魚介にもいける。

Saru07125

蝦夷アワビの温製、じゃがいものピューレ、肝のソース。
アワビだけでも柔らかく旨味も豊かで、それだけでもよいかと思いきや、ピューレと鋭角に香るハーブも満載な肝のソースと合わせると、相乗効果で恍惚。

この店の外観、和式を洋式に改造したトイレなどから、こんなに洗練された一皿をいただけるとは予想しなかっただけに、衝撃も大きい。

Saru07126

石巻産真鱈の白子のムニエル、白トリュフオイル風味のブルーチーズソース。

周りがカリっとソテーされた白子とブルーチーズのソースの組み合わせが絶妙。
白子の重みをブルーチーズが爽やかにしてくれるのが不思議だ。
間の温キャベツも存在するにはわけがある。

Saru07127

トンブ産ウズラのソテーのサラダ仕立て、ポルトとバルサミコのソース。
これを皆で分ける。

ベリー系ジャムも入り、ポルト酒と共にバルサミコの酸味を和らげている。
間接的な甘さの品のよさ。

Saru071211

白と同じ作り手のピノ・ノワール。

Saru07128

スペイン産イベリコ豚ロース肉のステーキ(これもみんなで分ける前)。
付け合せはどことなく高菜っぽい風味のワイルドライス。

Saru07129

骨についた肉をかじると、はしばみの香りが鮮明。みんなで回し喰い。
カリっとした焼き加減もいい。

Saru071210

ビュルゴー家のシャラン鴨、低温長時間ロースト、バニュルス風味の赤ワインソース。

この鴨の味わいを余すところなく引き出してあり、ロゼ具合も理想的。
最近、ここの鴨を口にすることがたびたびあるが、その中でも出色かと。

Saru071212

シャトー・ドゥ・ショレーのショレー・レ・ボーヌ 2002。

Saru071213

スコットランド産山鳩(野生)のロースト、サルミ仕立て。
小さい腿までちゃんと4等分してくれました。

しまった肉のこうばしさ、こってりしても単調にならない血のソース。

Saru071214

他のテーブルで食べられていて、たまらずに追加してもらったのは、ブイヤベース。

Saru071215

こちらはグラスで。マルク・ペノの白、ラ・デジレ。

Saru071216

後は雑炊ですよ。

Saru071217

洋ナシのコンポート(多分…この辺の記憶はあいまい)とチョコレートの何か。

こんなに素晴らしい店が東中野にあったとは。
近所のちょっとイイ店のレベルではなく、わざわざ行く価値がある。

マダムのサービスもキビキビと気持ちがよいし、薦めてくれるワインがいちいち的を得て、単独よりも料理と合わせたときに威力を発揮する。
シェフとマダムだけなため、料理が出てくるのに時間がかかることがあるのは仕方ない。というか、もう盛り上がっちゃって、気にならなかった。
2人よりも4人ぐらいで行くと、より楽しい。

« グランビア 赤坂 | トップページ | カーサヴィニタリア »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ