« カーサヴィニタリア | トップページ | クリスピー・クリーム »

2007年12月23日 (日)

土俗村 ドソクチョン

12月20日から22日まで、ソウルに旅行。母親姉妹の付き添いで。
私も含め、4人全員が初めての韓国・ソウル。
ホテルはTHE SHILLA(大変快適。朝食のビュッフェも充実。地下鉄の駅は近いものの、中心地から離れているので、何かとタクシーを利用することにはなる)。

4時ぐらいにホテルに着き、荷物を置いてすぐに参鶏湯(サンゲタン)を食べに向かう。

Dosokuchon1

どのガイドにも載っている有名店で、リピーターの人も薦める土俗村(ドソクチョン)。

Dosokuchon2

中庭がある昔ながらな作りの店は、東京の下町の料理屋さんでもあるような。
雪の電気飾りはクリスマス前だからか?

Dosokuchon3

床暖房になっているだだっ広い部屋。
5時すぎになったら、地元の人風のお客さんでうまっていた。

Dosokuchon4

座って注文を済ませると、まずはキムチ。
お茶は、この後のどこの店でもそうだったが、ぬるく、薄い。
小さいお猪口はサンゲタンに付き物の人参酒。

Dosokuchon5

カクテキと白菜のキムチ。
白菜のが濃度があり、まず甘いが後から強烈な辛さが追いかけてくる。

最近は日本でも美味しいキムチをいただけるし、それほどの期待はしていなかったのだが、この味を日本で見つけるのは簡単ではないだろう。

Dosokuchon6

奥は普通のサンゲタン(12,000ウォン)。
手前の黒いのが烏骨鶏のオゴルゲタン(18,000ウォン)。

Dosokuchon7

鶏よりもしまった肉質で、味わいの種類が多い感じ。スパイシーさがある。

Dosokuchon8

サンゲタンはまろやか。

それにしても、やはり今まで東京で食べてきたものより数段コクがある。
サンゲタンはけっこう好きで、グレースとか、新大久保の武橋洞などでたびたび食べてきたが、こんなに深くはなかった。
やはり、本場の味というのは違うもんなのだなあ。

Dosokuchon9

4人で2つぐらいが丁度よい。

Dosokuchon10

ここが特別なのか、それとも美味しいと言われる店はすべてこのレベルなのか、次にソウルに来るときには他でも食べてみたい。

« カーサヴィニタリア | トップページ | クリスピー・クリーム »

2007年冬 ソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ