« サルキッチン | トップページ | 土俗村 ドソクチョン »

2007年12月19日 (水)

カーサヴィニタリア

前回来たときに予約していたカーサヴィニタリア。

Vinitalia07121

アラカルトで。

Vinitalia07122

Vinitalia07123

カキのオーブン焼き。
貝は1つでも、その中に身が2つ入っている。
よくあるメニューに個性を与えているのは、春菊。
ホワイトソースにカキと一緒に入っていると、エグ味が気にならない。

Vinitalia07124

カリっと焼いたトリッパと季節野菜のサラダ。

Vinitalia07125

真鱈白子のソテー、ラディッキオ添え。

Vinitalia07126

仔ウサギとモッツァレラのフリット。
これはあまりどうということのない感じ。
ササミな淡白さ。

Vinitalia07127

ワインはグラスで。
白はアンセルミのカピテル・クローチェ。

Vinitalia07128

タラバ蟹、毛蟹、ワタリ蟹のリゾピラフ。

Vinitalia07129

もう、蟹味ごっそり。
何度食べても、やっぱり、ここに来たらコレだね。

Vinitalia071210

猪の煮込みと、根菜のパッパルデッレ。
ゴボウと肉自体がスパイシーな猪をほっこりと煮込んだラグー。
塩加減など含め、やはり上手いなあ。

Vinitalia071211

赤はサルディーニャのグロッタ・ロッサ。

Vinitalia071212

冬の鮮魚、海草の蒸し焼き。

Vinitalia071213

海の出汁が十分に。
これも毎回のようにリピートしているメニュー。
ストゥーブの中にはいつも通り、わかめが大量にいる。

Vinitalia071214

コントルノとして、石川芋、カリフラワー、根セロリ。

Vinitalia071215

本日のジビエ料理の一つ、鹿の煮込み。
こういう馴染みのあるメニューをちゃんと口飽きなく美味しく作る店だ。
イタリアンは前菜やパスタで上げておいて、セコンドでガクっと盛り下げるところも多いから、なかなか貴重かと。

Vinitalia071216

デザートはヴィニタリア風モンブランと、奥はプラリネセミフレッド、温かいチョコラータソース添え。

« サルキッチン | トップページ | 土俗村 ドソクチョン »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ