« クリスピー・クリーム | トップページ | ホットッ »

2007年12月23日 (日)

神仙(シンソン)ソルロンタン

汗蒸幕(ミョンドンの天然地:チョンジヨンというところ。マッサージなどのセールスが凄まじいのが難だが、汗蒸幕にははまる。初めて顔から汗を噴き出させることができた)でたっぷりと汗をかき、垢すり、マッサージをしてもらった後に向かったのは、ミョンドンにある神仙ソルロンタン。
よくソウルに来る人から、ここのキムチをお土産にもらったりする。

Sorurontan1

吉野家のような簡易な店内。

Sorurontan2

ここのキムチは水分多く、あっさりめ。

Sorurontan3

普通のソルロンタン(6,000ウォン)と、ジンセンやナツメなどが入って石鍋でぐつぐつと登場する百歳ソルロンタン(9,000ウォン)を1つずつ。
地元のお客さんは1人1ソルロンタンずつ頼んでいたが、我々には4人で2つぐらいが最後まで美味しく食べられる量だった。

Sorurontan4

ソルロンタン美味しいじゃん !
百歳ソルロンタンの方が複雑で好みだけど、普通のソルロンタンも淡白な中にじんわりと旨味がある。

赤坂で食べたときに、すゆくて好きでないと思ったので、実は、この店に来るのは乗り気でなかった。リクエストがあり、仕方なく入った次第。
でも、一口食べて、恐れ入りました。
もともと塩味は薄めで、自分で塩やキムチを入れて整えるものなのだけど、赤坂のはそれにしても水っぽすぎた。
ここのはより濃く、奥行きがある。

水分大目のキムチは、牛肉の出汁にはぴったり。計算されたものなのか ??

« クリスピー・クリーム | トップページ | ホットッ »

2007年冬 ソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ