« 組みあわせしだい | トップページ | ガレット・デ・ロワ »

2008年1月19日 (土)

モナリザ 恵比寿店

恵比寿店は久しぶりのモナリザ。
丸の内店よりもシックな客層で、ちょっと背筋が伸びる。

Monasisa08011

まずはごぼうのタルト。

Monasisa08012

蟹のサラダ仕立ての下に黄パプリカのムース(フラン?)、トマトのジュレ。
上にポテトチップ。

Monasisa08013

いつものテタンジェの後には、白をグラスで。
シャトー・ドワジー・デーヌ。

Monasisa08014

鱈の白子と加賀・源助大根のムニエル、柑橘の香り。
周りがカリっと、中はトロリな白子、やわらかくホコホコに煮込まれた大根を、トマトやケッパーを用いたソースでさっぱりといただく。

Monasisa08015

蕪のピューレスープの下にフォアグラのフラン、ほんのりと柚子の香り。
フォアグラはあの濃厚な質感や香りが抑えられ、言われなければ気づかないかもしれないほどで、なくてもよかったかも。

Monasisa08016 

こういうものは写真に写らない…。

蝦夷鹿の赤ワイン煮とりんごのパイ包み、サラダ添え。
ピューレソースは栗かな ?
甘味と塩味が入り混じった、中華を思わせる味付けでも、完全にフレンチな仕上がり。
パイはほんのりと苦さのあるココアパイ。

Monasisa08017

友達はうずらとフォアグラのパート包み焼き、フォレスティエール風。
フォレスティエール風 ?? で、調べたら、茸を使った料理のことだそう。
ああ、フォレストか。覚えられないと思うけど。
次にメニューで見ても、お店の人に聞くだろうね。

Monasisa08018

もう一人は、金目鯛のパート・ブリック包み焼き、野菜と貝のノワゼット風味。

Monasisa08019

グラスでいただいた赤ワインは、モナリザボトル。

Monasisa080110

お口直しの洋梨のスープ。
ザラリとするような、洋梨独特の口ざわりがそのまま。

Monasisa080111

どれも美味なデザート盛り合わせ。

Monasisa080112_2

ソルベも色々と。
柿、フロマージュブラン、ピンクグレープフルーツ、ラベンダー、洋梨、蕎麦(!?)。
はっきりと素材の味が明確で、ここのソルベはいつも楽しみ。

Monasisa080113

プティフールも。

決して裏切らない店。
会合があるご両親にレストラン選択を任された際にこの店を薦め、えらく感謝されたという友達も多い。

« 組みあわせしだい | トップページ | ガレット・デ・ロワ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ