« フェア・ドマ | トップページ | 家ワイン達 友達の家も含む »

2008年1月22日 (火)

ル・ボヌール やっぱり美味しい

久しぶりのル・ボヌール@代々木公園で夕食。

Bonule08011_2

4皿(前菜2皿、魚、肉)とデザート、食後のお茶のおまかせコース7,000円を。
おまかせといっても、かなり融通が効く。

Bonule08012_2

ざくろと発泡性白ワインの食前酒。

Bonule080125_2

つき出し。
フォアグラとリンゴの角切り、リンゴのクリームをブリオッシュにのせたもの。

Bonule08014_2

と聞くとありがちっぽいが、キャラメル状にカリっと表面を焦がしたフォアグラ、角切りのリンゴのフレッシュさ、ブリオッシュのバターたっぷりな香りが合わさったところは、めったに味わえないレベルに達していて、早くもスパークする。

Bonule08015_2

小さめなパンも美味しい。

Bonule08016_2

グラスの白ワイン。
それぞれ違うものを。
シャブリとリースリング。

Bonule08017

3種の海老、京人参のムース、魚介(?)のジュレ。
生だったり、軽く火が入っていたりと、3種類の違った火入れ、歯ごたえの海老は海の甘さ、京人参の野菜の甘さ、異なる甘味の組み合わせをジュレとハーブがしめる。

Bonule08018

カリフラワーのムースにはウニとウニソースがごっそり。

Bonule08019

ウニに負けない濃ゆさのカリフラワーのムース。

Bonule080110

温かい前菜から、焼きタラバガニと蟹のビスク。

Bonule080111

甲殻類の旨味が濃縮したビスクの底には、蟹ごっそりなフランがいる。

Bonule080112

ジューシーで食べ応えのある焼きタラバ。

Bonule080113

こちらは白子のポワレ、黒米のリゾット添え。

Bonule080114

カリっ、トロっの白子。
極小に刻まれたシソの風味が新鮮な爽やかさをもたらしている黒米のリゾットには、牡蠣も入っている。

Bonule080115

さらに違う白をグラスで。
ミュスカデ。

Bonule080116

魚料理。
甘鯛は鱗もいただけるそうな。
サクサクと軽く楽しく、全く邪魔にならないのが不思議。

Bonule080117

火の入れ具合もばっちり。
アサリと茸のグリーンソースを敷いて。

Bonule080118

ヒラメのソテー、百合根、青菜、アワビとともにバターの香りを纏って。

Bonule080119

グラスの赤ワイン。

Bonule080120

肉料理は2人同じものを。

シャラン産鴨の腿をグリルで、胸を赤ワイン煮で。

Bonule080121

旨味を吸ったゴボウと一緒に。
腿は鴨らしいレバー的な旨味がダイレクトに感じられる。

ゴボウの赤ワイン煮、いいねえ。

Bonule080122

デザートまで小さな驚きが。
季節のモンブランは、なんと、百合根のモンブラン。
甘味はコンデンスミルクだそう。
さらりとした甘さの中にほんのりと酸味も感じさせ、百合根らしい澱粉質なもっちり感もある。

Bonule080123

リンゴのタルトの上には生姜のアイス。
鼻を近づけなくても香る生姜。
甘くトロけるリンゴとの相性がこんない良いとは。

Bonule080124

やっぱり美味しいねえ。
しかも、お得だ。
一皿の量がちゃんとある(といっても多くはない)ので、それぞれの料理を十分に味わえるのもよい。
あとは、説明上手な給仕の人さえいれば、最高だ。

« フェア・ドマ | トップページ | 家ワイン達 友達の家も含む »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ