« うりずん食堂 と おかめ | トップページ | 大人気ない大きさの大人向けパフェ »

2008年2月18日 (月)

すえとみ 今年初

2月にして今年初めてのすえとみ。

Suetomi08021

最初にこれは珍しい。
でも、寒い季節には一気に温まるものがうれしい。

Suetomi08022

丸大根がたいへん美味しいからと、丸大根、ふきのとう、お揚げ、ネギの煮浸し。

大根甘っ ! ふきのとうの香りが染みた出汁も飲み干す。

Suetomi08023

節分おこわは鰯。
ひいらぎの葉をのせて。

Suetomi08024

ナマコ酢、ウニに葉わさびのジュレ、からすみ、もち米をまぶして揚げた空豆、ふきのとうと実山椒の煮付け、筍の木の芽和え。

Suetomi08025

からすみとよく合う日本酒はいままでなかった新しい種類。

Suetomi08026

河豚の白子に聖護院蕪のすり流し。

Suetomi08027

トロトロの白子、すりおろした聖護院蕪のサラリとした口当たり、じんわりと温かい出汁。

Suetomi08028

ぐじの刺身は脂がのっているので、おすすめ通りに酢でいただくのが丁度良い。

Suetomi08029

観音寺の赤貝。すだちと塩で。
こんなに旨い赤貝は初めて。
というより、赤貝でこんなに抵抗なく素直に美味しいと思ったのが初めてか。
コリっとしてもさっくり切れる歯ごたえ、甘味はあるのに匂いが鼻につかない。

Suetomi080210

百合根まんじゅう。
上にぷちっとのったのは梅。

Suetomi080211

中は蟹。

Suetomi080212

間人蟹の対岸で取れたという蟹は焼きで。
半生万歳。

Suetomi080213

身の旨味が十分にあるので、三杯酢につける必要もない。

Suetomi080214

味噌はつける。

Suetomi080215

Suetomi080216

間人蟹は浜茹で。

Suetomi080217

ご飯も蟹。
うっすらと山椒。

Suetomi080218

おこげは別腹。

Suetomi080219

Suetomi080220

今年もよろしくお願いいたします。

« うりずん食堂 と おかめ | トップページ | 大人気ない大きさの大人向けパフェ »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ