« オステリア ナカムラ | トップページ | ミラノ出張での食事 »

2008年2月23日 (土)

たつむら

赤坂のたつむら。
すごく好きな店なのだが、なぜか前に来てから何年も経ってしまった。

Tatumura08021_2

もれなく12,000円のコースに。
個室もいくつかあるが、カウンターにする。

Tatumura08022_2

一の蔵を冷で。
入れ物がかわいい。

Tatumura08023_2

Tatumura08024_2

蝦夷鹿の煮物。

Tatumura08025_2

なまこ酢。
ここのは酢がやわらかい。

Tatumura08026_2

からすみおこわ。

Tatumura08027

嶺岡豆腐はこちらの名物とも言える一品。
牛乳を使った胡麻豆腐で、チーズのようにまったりと濃厚。

Tatumura08028

お椀は火の通り具合が絶妙な半生伊勢海老、はらりとほどけるような湯葉しんじょう、春満載の筍。

Tatumura08029

新潟のひらめの刺身、煮あわび。

Tatumura080210

2段になっていた。

Tatumura080211

Tatumura080212

軽くまわりだけ炙った甘鯛を酢の効いた出汁で和えたもの。

Tatumura080213

柚子釜焼き。

Tatumura080214

小エビやほたて、鱒が入り、たれは酒かすと白味噌かな ?

Tatumura080215

せいこ蟹きました。

Tatumura080216

しゃくしゃくの卵。

Tatumura080217

味噌も。

Tatumura080218

甲羅酒まで。

Tatumura080219

うに、白いのは蓮根すりおろしとマッシュポテトを合わせたものだそう。
ザラリとした口当たりが楽しく、でんぷん質な甘みも美味。
上にちょこりといるのは柚子胡椒。

Tatumura080220

下にはカジキマグロがいました。
ほんのりと酢が効いたような出汁。
それぞれ単体でも美味しいが、全て一緒に食べると相乗効果で別次元に達する旨さ。

Tatumura080221

鯛で菜の花ときんかんを巻いたもの。

Tatumura080222

きんかん好きだなあ。
ソースは辛子と卵の黄身。

Tatumura080223

鯛ご飯。

Tatumura080224

たっぷりの胡麻。
とてもまろやかで、甘いというか、塩味がダイレクトではない。

Tatumura080225

味噌汁は赤味噌なのに海老芋が具で、芋らしい甘さがある。
ご飯との組み合わせもよい。

Tatumura080226

底をつくまでおかわり。

Tatumura080227

デザートは苺をのせた胡麻と杏仁のクリーム。
奥は杏と粒あん。
デザートまで工夫があり、独自のものを出してくれるところがうれしい。

やはり美味しく、そしてコストパフォーマンスが高い。
これを機会にたびたび来たいものだ。

« オステリア ナカムラ | トップページ | ミラノ出張での食事 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ