« 新記 | トップページ | ラトリエでシメの一杯 »

2008年4月 7日 (月)

ラルテミス・ペティアント 原宿

久しぶりに原宿のラルテミス・ペティアント。

Lartemis08041

Lartemis08042

季節ですな。

Lartemis08043

シャンパンと一緒に、黒オリーブペーストを挟んだパン、飴がけかぼちゃの種、リエットののったプチバケット。

Lartemis08044

頼んだ料理全てに合うもの、という無茶なリクエストでソムリエ様が選んでくれたのが、マコンの白。

ドメーヌ・サント・バルブのシャルドネ。

ミネラル。どの料理にもいけてました。

Lartemis08045

つき出しで、ホタテ貝のグリーンソース。
エスカルゴで定番のソース。
貝に残ったのはパンですくって食べる。

前菜、メイン、デザートをメニューから選ぶ、プリフィクスのコースにした。

Lartemis08046

前菜にブーダン・ノワール。

Lartemis08047

さっぱりめながら、ちゃんと「らしさ」がある。

Lartemis08048

紫芋、チョリソー、上にフォアグラを重ねたもの。
これが、絶妙なコンビネーションでびっくり。
フォアグラの脂を紫芋が吸いつつ、甘さも補ったりして。
チョリソーが切れないから、崩れてしまうんだけどね。

Lartemis08049

友達の前菜は川俣シャモとキャベツのテリーヌ、サラダ添え。
マヨネーズ的なものは、自家製でマスタードが入っている。

2つの前菜の両方にサラダが添えられているのだけど、それぞれに違う。

Lartemis080410

メインはヘーゼルナッツをまとった仔鴨。
ワイルドライス、筍、空豆を添えて。

この時期の空豆は小粒で硬いが、味が濃い。

Lartemis080411

このヘーゼルナッツが素晴らしい仕事をしてくれる。

Lartemis080412

鴨の肉はかなりしっかりとした歯ごたえなのだが、ヘーゼルナッツとの組み合わせがこんなにも旨いとは。

Lartemis080413

こちらはリード・ヴォー。
リード・ヴォーには2種類あり、柔らかく白子のようなのと、コリっとしたのがあるそうな。
この日のはコリっとした方。
噛むほどに味が出る。

Lartemis080414

赤ワインをグラスで追加。
右のボルドーと、

Lartemis080415

このブルゴーニュをいただきました。

前にこの白をいただいたことがあるね。

Lartemis080416

デザートは河内晩柑のスフレとソルベ。

Lartemis080417

柑橘系のスフレって、お腹がいっぱいでもスルスル入る。

Lartemis080418

河内晩柑は熊本の果物。

Lartemis080419

それにしても、周りがカリっ、中トロっという焼き加減が巧み。

Lartemis080420

ベネズエラ産チョコレートのムースとキャラメルのアイスクリーム。

Lartemis080421

フェンネルのクレームブリュレがプチフールで。

ここには何度か来たことがあるけど、この日が一番よかった。
頼んだ料理全てに感動があった。
やはりオススメには従ってみるべきだなと。

« 新記 | トップページ | ラトリエでシメの一杯 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ