« 明らかに飲みすぎな宴会 | トップページ | すえとみ あさりご飯 »

2008年4月15日 (火)

ラトリエ 仔羊の季節

ミシュランで2ツ星を取って以来、いっつも混んでいるラトリエ。
この日は外国のお客さんが多かった。

Lat08041

ちょっと遅れて参加。
まずはハモン・イベリコ・デ・ベジョータ(ホセリート社)。

Lat08042

レタスとアサリのスープ。
といいつつ、グリンピースの香りと味が満載。
レタスは歯ごたえの楽しさを加える。

Lat08043

ホタテや旬のアサリ。

スープ好きだなあ。

Lat08044

食べかけのこちらはフォアグラにグレープフルーツのキャラメリゼを添えたもの。
グレープフルーツと酸味のある苦さとキャラメルのこっくりした苦さのダブル。
それがフォアグラの重さに負けず、よく合う。

Lat08045

こちらは、ピペラード、温泉卵、奥に辛いチョリソーペーストのようなものを塗ったサクサクパン。
こういうものを完璧な具合で作る店だ。

Lat08046

こちらは、シラーなど、コート・デュ・ローヌ系があまり得意でない友達も好きだった、すっきりとしたクロ・ド・カイユーのブーケ・デ・ガリーグ。

Lat08047

カリフォルニアのシャルドネ。
らしい樽香。

Lat08048

友達が頼んだしいたけの一皿。

Lat08049

パイ包みになっている。

Lat080410

仔羊はレアでオーダー。
春野菜と一緒に。

どこかで、仔羊は今が季節だと聞いた。

Lat080411

むちっとしてみずみずしく、獣の香りが足らず余らず。
脂が甘い。
こういう料理って、違いがわかりやすい。

Lat080412

仔羊に合わせてくれたのはクラインのムールヴェードル。
ぴったりでした。

Lat080413

いつもの口直し。

Lat080414

デザートにマカロンを発見。
ブーランジェリーの方で売っているのとは違って、パティシエさんが作ったとのこと。
苺マカロンにピスタチオクリーム、頼むしかない。

わがままを言って、添えるアイスもピスタチオのにしてもらった。

Lat080415

Lat080416

旨い。
もっちりしております。

飯塚シェフが作るベタに伝統的な料理も食べたいなあ。
秋ぐらいに、トラッドスペシャルをお願いしたい。

« 明らかに飲みすぎな宴会 | トップページ | すえとみ あさりご飯 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ