« ラトリエ 仔羊の季節 | トップページ | このようにいただきました »

2008年4月17日 (木)

すえとみ あさりご飯

Suetomi08041

桜の香りがたちこめる。

Suetomi08042

葉をめくると、まずははまぐりのあられ揚げ。
桜の葉の香りがうつっていている。

Suetomi08043

さらにめくると、からすみと大根。

Suetomi08044

一番下には百合根と筍の梅酢和え、蕗の薹味噌を添えて。

Suetomi08045

フキとシラスのおこわ。

Suetomi08046

Suetomi08047

湯葉とウニ、このわたと一緒に入っていたのはなんだったっけ?? 名前が出てこない…なんかじゅるじゅるした深緑のもの。
それからホタルイカ。

Suetomi08048

炭火で焼いた空豆をむいて、卸したカラスミと和えたもの。
筍は花山椒と。

Suetomi08049

はまぐりのお吸い物。
この白濁がいかにも美味しそう。

Suetomi080410

ちょっと胡椒のようなものが入っていた。

Suetomi080411

津居山のぐじ(甘鯛)は昆布でしめられている。醤油ではなく、三杯酢でいただく。
舌に吸い付くようなねっとりとした甘さ。
北海道のボタンエビも。

Suetomi080412

葛をまぶして揚げた筍、芽だけで作られた京都のよもぎふ、田せり。

Suetomi080413

おなじみののどぐろ。

Suetomi080414

菜の花、蟹、ウニが三杯酢のジュレと合わさって。

Suetomi080415

Suetomi080416

すえとみさんオススメのアサリご飯。
江戸前のアサリは身が厚く、味が濃い。
今は本当にアサリが美味しいので、メニューにあると頼んでしまう。

Suetomi080417

ご一緒した友達が、筍好きで、どうしてもということでダブルご飯。
こちらは筍ご飯。
お揚げと花山椒。

Suetomi080418

Suetomi080419

おなじみ蓮根餅。

季節が変わるのが待ち遠しい。

« ラトリエ 仔羊の季節 | トップページ | このようにいただきました »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ