« ティーヌン 表参道 | トップページ | 京味 »

2008年6月20日 (金)

鮎正

解禁を待って、新橋の鮎正。

初めてなので、色々といただける15,750円のコースを。

Ayumasa1

前菜。
自家製のからすみやウニを塗った空豆など。

Ayumasa2

別で頼んだ鮎の骨煎餅。
パリッパリで塩加減もよい。
ビールと一緒にいくらでもいけちゃいそうだ。

Ayumasa3

清水仕立てのお椀。
熱いのに爽やか。

Ayumasa4

鮎の背越し。
身の甘味の中にカリっとした背骨のアクセント。

Ayumasa5

鮎塩焼き。

Ayumasa6

Ayumasa7

やはり、これに尽きる。

Ayumasa8

うるか茄子。
甘めの味噌とうるかのタレ。

うわ~~~濃ゆい。

Ayumasa9

と思っていたら、ご飯もちゃんとやってきました。
これだけで丼ぶり飯がいけます。

Ayumasa10

鮎の器に入っているのは

Ayumasa11

苦うるか。
これは渋うるかとも呼ばれるそうで、とにかく苦い!!そして渋い!!
今まで食べて記憶にあるうちで、ダントツの渋さ。
口の中ににかわを塗られたような…。
ギシギシです。
苦さも相当。
その奥には滋味が潜んでいるのだが。

久しぶりに降参。
これはもう食べなくてもいいなあ。
塩分が控えめで、毎日丁寧にかき混ぜつつ熟成させているとか。

Ayumasa12

鮎うるか味噌包み揚げ。

Ayumasa13

衣が独特で、歯ごたえがよい。
うるか味噌が味付け。

Ayumasa14

鮎、煮浸し風。

ほっと一息。

Ayumasa15

このコースは強弱のつけ方が巧み。
ちょうどさっぱりしたものが欲しいというところで、鮎酢の物。
昆布シメされているトロリとした鮎。

Ayumasa16

鮎ご飯。

Ayumasa17

もちろん2杯目。
内臓のクセはなく、柔らかい旨味。

Ayumasa18

最後は青梅のカキ氷。
柔らかく甘く煮た青梅と氷の爽快さ。

Ayumasa19

鮎を満喫するには完璧なお店かと。
それぞれの料理が鮎というだけにはとどまらず、きちんと完成されている。
初めて、鮎の味、味わい方というものを理解できた。
そして、自分がそこまで鮎好きではないということも。
コースに1品でよいかもしれない。

そうそう、お店の人たちもとても親切で、心地よかった。

Ayumasa21

まだ時間が早いからね。
近くのプティ・トノーでワインでも。

Ayumasa22

相変わらず活気のある、楽しい店だ。
次回はご飯も食べに来よう。

Ayumasa20

« ティーヌン 表参道 | トップページ | 京味 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ