« サン・セバスティアン | トップページ | カテドラル @サン・セバスティアン »

2008年7月 8日 (火)

スベロア Zuberoa

ランチはサン・セバスティアンから車で15分ぐらいのところにあるレストラン、スベロアを日本から予約していた。

気になっていたマルティン・ベラサテギは月曜休みで断念。
日曜、月曜、火曜は休みの店が多い。

Zuberoa1

ご一緒していただいたスペイン関係のお仕事をされている人が、サン・セバスティアン出身者から薦められたとか。
地元の人が行くレストランらしい。

Zuberoa2

テラス席に通される。

予約はスペイン時間に合わせて14:00。
でも満席になるのは15:00近く。イタリアの南よりも遅い。
このスペインの食事時間に合わせるのが、なかなか辛い。
夕食は22:00ぐらいが普通だそう。
仕事で行くと、スペイン人との会食が終わる頃には日付が変わっていて、日本人は睡魔との闘いを強いられる。

Zuberoa3

チャコリをいただきながら、まずは突き出し。

Zuberoa4

トリュフクリーム、下はフォアグラムース。
茶色いソースは蜂蜜入りで、中華料理を思わせる甘辛さ。

料理はデグスタシオンのコース(115.00ユーロ)にする。

Zuberoa5

生姜、醤油、グレープフルーツ風味のロブスターカルパッチョ。

Zuberoa6

グレープフルーツはゼリーになっている。

これまた甘辛。

Zuberoa7

海老、茸、海老の殻で出汁を取ったソース、パセリ(だったような)のソース。

Zuberoa8

海老がうっすらと火が通ったくらいの生で、旨味がトロける。

Zuberoa22

ワインはNavarra、GuelbenzuのEvo(29.50ユーロ)。
カヴェルネ、テンプラニージョ、メルロー。
味の変化が楽しい。

Zuberoa9

Zuberoa10

海の幸のカレー風味、そのジュースと共に。

Zuberoa11

海老やホタテに混じってイクラも。
こちらのイクラは小さめで、皮が硬い。

海老は丁度半生。前の料理と違う加減という細かさに驚く。
ホタテも周りがカリっと香ばしい。
この店は火入れが素晴らしく巧み。

魚介の出汁はとてつもなく濃厚。

Zuberoa12

温泉卵、鶏の出汁、トリュフ、ニンニク、ポテトチップ。

Zuberoa13

これまた出汁が濃いなあ。

ここの料理、1品1品は美味しいのだが、とにかく味が濃い。
塩ではなく、味が強い。
お好み焼きソースを思わせる甘辛味も頻繁で飽きる。
オイルもかなり使っていると思われる。
で、そろそろ、何かさっぱりしたものが食べたい。

Zuberoa14

小イカ、白いんげん豆のスープ、イカスミ。

Zuberoa15

マグロの腰肉、ピスタチオオイルとバルサミコ、下にトマト。

やはり火の通り具合が素晴らしく、ギシギシしない程度に軽く焼かれている。

Zuberoa16

メインは鳩。ローズマリーの香り。
ポルチーニリゾットとポテトピューレ添え。

Zuberoa17

ご一緒した人はクミン風味の豚、フルーツコンポート。

Zuberoa18

この豚、中華料理かと思うほどに甘味が強い。

重いが、豚自体の脂はあっさりしている。

Zuberoa19

パイナップルのラビオリ、パイナップルのソルベ、パイナップルチップ。

Zuberoa20

カカオとアマレット、柑橘系の酸味のデザート。

Zuberoa21

どの料理も単体では美味しく、感動を誘うのだが、何しろコースとして重すぎる。
デザートはさっぱりだが、他は魚介にしても、とにかく濃い。
アラカルトでならもう一度来るのもアリ。
メインをもう少し余裕を持って味わいたかった。
アミューズに野菜の爽やかな料理、海老の前菜1皿、魚、口直し、肉料理、デザートなら、相当に感動すると思う。

これで1人150ユーロぐらいだから、お得感あり。

« サン・セバスティアン | トップページ | カテドラル @サン・セバスティアン »

SPAIN 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ