« 連日タイ料理 | トップページ | バードランド 銀座 »

2008年9月 1日 (月)

ロオジエ デュネ

日本最高のフランス料理レストランの一つ、ロオジエで夕食。

Losier08081

このお皿を見ると高揚する。

お料理とワインはお任せで。
常連様とご一緒だったので、設定金額もそちらに指定していただく。
おかげさまで、緊張してしまうようなお店で、何を頼んでよいやらとまごつくこともなく、くつろいで楽しむことができた。

Losier08082

シャンパーニュはピエール・カロ。
ラベルを読まないとブラン・ド・ブランとは想像できないしっかりとした熟成感。

Losier08083

左の串に刺さったものはフォアグラをクレープ的なもので巻いたもの。
スプーンはとても洗練されたブランダード。
ポピージードに埋まったビーツのビスケットにオマールクリームを挟んだもの。

ここからして、すでに美味。

Losier08084

なんと、厚岸の牡蠣のアイスクリーム。
海の味が爆発。

Losier08085

前菜にはバロン・ド・エルのプイイ・フュメ 2003。

Losier08086

お魚料理には、マルク・コランのシャサーニュ・モンラッシュ 2003。
グラスに顔を近づけただけで素晴らしさがわかる。
華やかな香りにうっとり。
少し残しておいて、フロマージュにも。

Losier08087

お肉料理にはドメーヌ・アンリ・ルブルソーのマジ・シャンベルタン 1990。
いまだ活き活きとしたカラーで、木苺の風味。
酸味のバランスもよい。

Losier08088

フロマージュのワゴン。
これが他のテーブルにやってきても、香りが漂ってくる。

Losier08089

もちろん、全ての状態がとてもよい。

Losier080810

口直しは日向夏のソルベ、バニラビーンズたっぷりのレモンのゼリーを敷いて。

Losier080811

Losier080812

デザートに合わせたモンバジャック・キュヴェ・マダム。

Losier080813

プティ・フールたち。

Losier080814

Losier080815

一線を越える美味しさで、個人的な感想としては、パリの三ツ星といえど、ここまで満足できる店は少ないのではないかと。
スパイスをふんだんに使いつつ、邪魔にならず、エスニックに転ばず、エレガントに仕上げられた料理。この日の料理は比較的トラッド、なのに新鮮さを感じた。

お連れいただいた方々と自分の好みとが近いようで、この日設定されたメニューに胃袋を鷲掴みされたのも、それゆえかと。
一皿、一皿、合わせられたワイン、組み合わせ、その度ごとに感動していて忙しかった。
多謝でございます。

« 連日タイ料理 | トップページ | バードランド 銀座 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ