« 羅富記粥麺専家 | トップページ | サル・キッチン 記憶以上 »

2008年10月23日 (木)

文華 Man Wah

Manwah081

マンダリンオリエンタルの中のレストラン、文華でランチ。
日本からサイトを通して予約していた。

Manwah082

比較的こじんまりしたレストランで、宿泊客風の欧米系なお客さんが多い。

Manwah083

景色もなかなか。
それにしても、25階とはいえ、周りのビルが高いから、あまり高いところにいる気がしない。

Manwah084

まずはフレッシュオレンジジュースがワゴンでやってきたのでいただく(78香港ドル)。
身体が求めていたビタミン。

XO醤はそれだけでつまみになる旨さ。

Manwah085

凍り豆腐のようなものがお通し。

2コースあるうち、魚介中心の708香港ドルのコースにする。

アラカルトだとどうしても同じようなものを頼んでしまいがちなので、一度はコースにしてみようと。

Manwah086

前菜はサックリングピッグ、くらげと茹で海老のわさびソース。

サックリングピッグはほとんど皮のみで、サックサク。
美味しい!

Manwah087

ふかひれと蟹のスープ。
立派なふかひれ。
蟹の風味も十分に。
途中から赤酢を入れたり。

Manwah088

周りがワインを飲んでいるのをみたら、やはり欲しくなった。
白ワインでオススメというイタリア、ELENA WALCHのピノ・グリージョ(495香港ドル)。
よく合いました。

Manwah089

蒸し鱈のジンジャーあん。
上のジャムみたいなのがジンジャー。

Manwah0810

しっとり、そしてブリっとした鱈。
繊細さもあり、完成された味わい。

今回の旅行でいただいた中で最も洗練された料理。

Manwah0811

牛肉のチャーハン。

Manwah0812

え!?もうデザート!?
しかも切っただけ。

Manwah0813

お茶菓子(エッグカスタードパイとくるみクッキー)も美味しかったけど、品数少ないと思う。

サックリングピックと鱈が印象深かった。
全てが間違いなく美味しい。
でも、日本の中華と比べても割高な感じは否めない。
アラカルトで頼むべきなのだろうか。

Manwah0814

あまり歩かなかったので、お腹に余裕があっても甘いもの屋に出くわさなかった。
やっと見つけた許留山でツブツブマンゴーとアロエゼリーのドリング的デザートを(20香港ドル)。

予約をして、Ting Houseというエステ兼マッサージで全身マッサージ。
足踏みマッサージと言うが、実際に足踏みでされたのは5分程度、それはイマイチだったので、むしろなくてもよいくらい。代わりに、その後のオイルを使った手によるマッサージが上手く、すっかりとほぐされた。

« 羅富記粥麺専家 | トップページ | サル・キッチン 記憶以上 »

2008年秋 香港」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ